ほっとWebHOME > 東京カメラ女子 > デジタルカメラの特徴と選び方

タイプ別ごとにカメラの特性を知ろう!

  • 「まずはその名の通り、非常に小型のコンパクトカメラ。」

「これは小さいし軽いから、いつでも持ち歩けそうですね!」

  • 「まさに誰でも使える超ビギナー向け。 値段も手頃だし、そこそこの写真はとれます。 いわゆる普通の写真を撮るだけなら十分すぎる性能といえるでしょう。」

  • 「ほほぉ~。軽さは魅力だけど、ちゃんと格好いい写真が撮れるようになりたいから、今回はパスしましょう。」

  • 「次は今話題のミラーレスカメラ。」

「何これ? ちょーカワイイじゃないですか! もうコレでしょ!。」

  • 「そうだよね。今まで使っていたのもそのタイプでしょ?」

  • 「あれ?バレました?」

  • 「ちなみに、どうしてミラーレスと呼ばれるのかわかるかい?」

  • 「ん~。鏡がないから?」

  • 「ぴんぽ~ん。ちょっとレンズを外して比べてみましょう。」

「まずは普通の一眼レフカメラの内側をみると…。」

「本当だ!鏡がついていますね。」

「ミラーレスには鏡がないっ!」

  • 「なるほど~!
    でも鏡があるのと無いのでは何がちがうんですか?」

  • 「普通の一眼レフカメラというのは、鏡を通してファインダーで景色を覗いているけど、ミラーレスカメラは取り込んだ画像をデジタル処理してファインダーに写しているんです。」

  • 「ほほ~。
    そうすると何かメリットやデメリットはあるんですかね?」

  • 「メリットはズバリ、軽量化が図れるということ。
    デメリットは複雑な電子部品が増えるからコストがかかること。」

  • 「本当にそれだけ?」

  • 「操作性については、違いがもっと沢山あります。 まず第一に、デジタル処理をしているということは、ほんの僅かな時間ではあるけどタイムラグが生じているということ。 極端に言えばミラーレスは過去の景色を覗いていることになる。でも、それによるメリットもあります。」

  • 「過去を覗くって、なんだか格好いい響きですね!」

  • 「格好いいかはどうかは置いておいて…。通常の一眼レフは、物理的にシャッターがおります。そのときミラーの部分もパカっと上がるので、その間はファインダーに何も映らない。ところがミラーレスの場合はミラーがないから、ずっと景色が見えているんだ。」

  • 「以前の自分のカメラで、何となく違和感を覚えた理由が今わかりました。
    シャッターを切った感じがなかったんですよね。」

  • 「最後は一眼レフカメラ。
    そのなかでも初心者向けのエントリーモデルの最新版です!」

「質感がこれまでと違ってすごい。如何にも本格的って感じ! 持っているだけで、その気になれちゃう(笑)」

  • 「これは前述の通り、レンズと撮像面の間に鏡を置いて、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができます。 その一連の流れが一系統なので、一眼レフカメラといわれています。」

  • 「素敵な写真を撮ろうとしたら、やっぱりコレですかね?」

  • 「これなら交換するレンズの種類も豊富だし、複雑な設定で撮影することができるので、写真に個性が出せるんです。」

  • 「でもミラーレスカメラでもレンズ交換できますよね?
    ミラーレスじゃ個性的な写真は撮影できないんですか?」

  • 「できなくはないです。ただレンズの種類だけでなく、ストロボなどの付随品も含めたら、圧倒的に通常の一眼レフに軍配はあがりますね。それとミラーレスは、ある意味機械に頼っているので、細かいピントを合わせるのが苦手なんですよ。」

というわけで、 「フォトコンテストに応募できるような写真を撮れるようになる!」 を目標に掲げている手前、一眼レフカメラを選択した宮﨑さん。

  • 「私の愛機に決定です! これでバンバン素敵な写真を撮っちゃうぞ!」

おさらいで、下にタイプ別カメラの特性を一覧にしてみました。

コンパクトデジタルカメラ
  • <メリット>
    ・ 軽量小型で携帯性が高い。
    ・価格がお手軽。

    <デメリット>
    ・キレイだけど無個性な写真になりがち。

ミラーレス一眼カメラ
  • <メリット>
    ・ 比較的小型でデザイン性も高いものが多い。
    ・レンズが交換できるので、凝った写真も撮れる。

    <デメリット>
    ・シャッター時にタイムラグがある。
    ・細かいピント合わせが苦手。
    ・価格が高め。

デジタル一眼レフカメラ
  • <メリット>
    ・ 付属品も豊富で、凝った写真が撮れる。
    ・レンズをそのままに、本体の買い増しができる。

    <デメリット>
    ・重くて大きいので携帯に不便。
    ・モデルによっては非常に高価。