ほっとWebHOME > 東京カメラ女子 > 生き物たちの動きに合わせて狙いを定める!
東京カメラ女子 ゼロからはじめるデジタルカメラ
  • カメラ初心者の女優・宮﨑香蓮が、 写真部の報道カメラマンに学びながら フォトコンテストを目指す大型新連載!

  • 宮﨑香蓮

新聞社の総力をあげて "究極のカメラ女子" を作り上げる "KCJ(究極のカメラ女子)プロジェクト"。 連載5回目は前回に続き、池袋のサンシャイン水族館でのレッスンです。 屋外エリアでの生き物写真にトライするものの、 テンションあげあげの宮﨑さんは……。

生き物たちの動きに合わせて狙いを定める!




室内の撮影を終えて、 屋外エリア「マリンガーデン」へと場所を移した宮﨑さんと藤原デスク。



  • 「うわ~。ドーナツの水槽にアシカが泳いでる!」
  • 「はい、どうも。講師役の藤原です。」
  • 「あっ! 回をまたいでいるから、 挨拶からスタートしないといけないんだった…。 どうも宮﨑香蓮です。」



早速、アシカが回遊している水槽を下から撮影してみる宮﨑さん。





「う~ん。これは観ている分にはすごく楽しいけど、 写真にするには構図が限られていて、あまり面白くないですね…。」



  • 「アシカ、もう終わりかいっ!」
  • 「実はさっきから撮りたくてしょうがない被写体がいるんですよ。 そっちに気が行っちゃっているので、さっさと移動しましょ!」
  • 「そうだね。実は僕もそっちが気になっていたんだ!」





というわけで、移動したのはオープンしたばかりの 新エリアにある「天空のペンギン」水槽!



  • 「これは大迫力! しかもペンギンがめちゃかわいい~っ!」
  • 「真横からだけでなく、上まですっぽり囲われているし、 反対側の景色が見えるのがいいね~。」





早速“空飛ぶペンギン”を激写する宮﨑さん。



「ありゃま? 真っ白になっちゃいました…。」





「およよ? 今度は暗すぎですかね…。 なかなか難しいな。」



  • 「動きのある生き物写真の場合は、被写体がいる場所によって距離や明るさの比率が異なるから、ちょっとカメラのモードを変更しましょう。」




「Auto Exposure Lock」と「Auto Focus Lock」を解除します。 AE ロックは「自動露出固定」で、AFロックは「自動焦点固定」という意味です。これはシャッターを半押しした状態で、構図を変えても、露出ないし焦点が固定されるということ。この状態で被写体を追いかけていると、ピンぼけや明るさが極端になってしまうことがあります。」






「きたこれ! これならいい感じじゃないですか?」



  • 「ふふ~ん。 暗い室内での撮影を経験した私にとって、このくらいのことは朝飯前ですよ。」
  • 「確かにいい感じに撮れてます。 これなら免許皆伝の日も近いかもね。」

今度は、真横からの撮影にチャレンジ。 この水槽から見える景観は、 「都会の空を飛び回るペンギン」といった趣きですね~。


パシャ



パシャ



パシャ



  • 「あれ? 被写体がうまく真ん中にこないですね…。」
  • 「前回、『被写体の動きを予測して撮る!』って教えたでしょ。」
  • 「おぉ~。あれね。」





「撮れました~。いい雰囲気出てるでしょ?」



  • 「ひとつ覚えると、ひとつ忘れていく…。 免許皆伝への道はまだまだ遠いな…。」