額縁(フレーム)効果とトンネル効果を学ぼう!






望遠レンズを使用して都電の撮影を終えた取材班は、
ちょっと足を伸ばして鬼子母神堂へ。
境内の昔ながらの駄菓子屋さんで、ちょっと休憩中の宮﨑さん。



  • 「望遠レンズを使うと、
    いきなり写真のバリエーションが広がったでしょ? 」
  • 「迫力がでますね! スポーツ写真とか、
    動物写真で使われるわけがわかりました。」
  • 「本当は前回のアシカショーで教えようと思ったんだけど、予想以上に近かったから出番なかったのよ。」
  • 「あぁ! あれはすごく近かったですもんね。直に触れちゃうくらいでしたから、ぜんぜん望遠必要なかった(笑)。」
  • 「というわけで、今回の本当のお勉強は構図のバリエーションです。
    とりあえず何か覗いてみましょう!」
  • 「覗く? 何を覗くんですか?」




とりあえず、境内にある鳥居を覗き込む二人。






鳥居を覗き込んだ構図でパチリ。






前述の圧縮効果を意識した、タテ位置の構図。


  • 「構図の周りをボリュームのあるもので囲むと、絵画の額縁のような雰囲気になりますよね?これを『額縁(フレーム)効果』と呼びます。」
  • 「『フレーム効果』ですか。確かに印象派の風景画って豪華な額縁で飾られていて、なんとなくいい作品に感じますよね?あれみたいなものですか。」
  • 「本当は都電の車窓越しに風景を撮りたかったんだけど、車両が混雑していてまわりに迷惑をかけそうだったからさ…。
    でも、何かを覗き込むと、自ずとフレーム効果のある構図になるってことはわかったよね?」




おもむろに石灯籠を覗き込む宮﨑さん。それはどうなの?






パチリと撮ったのがコレ。


  • 「考え方的には満点です! 周りが暗いと、先にある被写体に注意が向けられて強調されますよね? これは流石に暗い部分が多すぎるかもしれないけど…。この場合は『トンネル効果』って言い方もするんです。」


例えば……



こんなのとか…


  • 「周りを囲むということなら、
    もしかして、これもフレーム効果になりますかね?」




道路にあるカーブミラーを激写する宮﨑さん。






なるほど。ミラーがフレームになってる。


  • 「いいじゃん! 最初に想定していた車窓は撮れなかったけど、ちゃんと意図は伝わったみたいで安心しました。」
  • 「しばらくはカメラ片手に、じゃんじゃん覗きまくります(笑)。」
  • 「それ、オトコだったら問題発言になりそうだよね…。」




今月の一枚。



タイトル「見返り美人風」



PROFILE

宮﨑香蓮(みやざきかれん)
1993 年 11 月 20 日生まれ。2006 年「第11回全日本国民的美少女コンテスト」演技部門賞を受賞し、女優として活動中。NHK 大河ドラマ『花燃ゆ』ではヒロインの幼馴染・入江すみ役として出演する
など、いま活躍を期待される若手女優の代表格。
✿宮﨑香蓮 Instagram  https://www.instagram.com/karen_miyazaki_official/
✿オフィシャルブログ https://ameblo.jp/miyazaki-karen/