広角レンズが効果的な構図を探そう!





川沿いで被写体を探してウロウロする香蓮ちゃん。



  • 「広角を使う時は、
    最初に説明した特色と収束点を意識して撮影してみましょう!」
  • 「要は、遠近感を強調した構図がイカす!ってことですね。」







そういうとレンガの壁から撮影を始める香蓮ちゃん。





延々と続く土手の距離感に対して、手前の窓が迫力プラス!
なかなかいい感じに。





さらに超広角でも撮影。
同じ場所から撮影しても、これだけ写る範囲に違いが!
太陽まで入っていて、これはこれでなかなかの味わい。






今度は川寄りの手すり側にしゃがみこんで撮影。





手すりだけでなく、影にもパースがついていて、
距離感がしっかり強調されていますね。



  • 「いいじゃない! 実は説明していなかったけど、広角は低いローポジションからの撮影と相性がいいんだよ。よく気づきました!」
  • 「なんかピンときたんですよね。 パースの付いた構図を考えたとき、
    地面に這うような絵が思い浮かんだんです!」
  • 「それはとても大事なことだね! 慣れてくると、ファインダーを覗かなくても、どんな写真が撮れるか大体わかるようになるんだ。これは "カメラ女子" として、立派に成長している証拠です。」






藤原デスクがしっかり落としてくれたところで、
今回の撮影を終了しようとしたところ、
最後にとんでもないオブジェが登場!


  • 「いや~ん。なんて素敵な球体。
    こんな鏡のようで丸いものを丸く撮影したら…。
    これは凄い写真が撮れる気がする!」






「ふふふ。見たまえ!
球体を中央に配置すれば、歪みは気にならないのだよ!
でも、わたしの顔はちょっと膨らんだ……。」





今月の一枚。



タイトル
「パラレルワールドと私」


  • 「大きな球体ってだけで心惹かれるのに、
    キラキラと輝いちゃってるんですよ、この子。
    撮らないわけにはいかなかったんですよね~(笑)。」



PROFILE

宮﨑香蓮(みやざきかれん)
1993年11月20日生まれ。2006年「第11回全日本国民的美少女コンテスト」演技部門賞を受賞し、女優として活動中。NHK 大河ドラマ『花燃ゆ』ではヒロインの幼馴染・入江すみ役として出演する
など、いま活躍を期待される若手女優の代表格。
✿宮﨑香蓮 Instagram  https://www.instagram.com/karen_miyazaki_official/
✿オフィシャルブログ https://ameblo.jp/miyazaki-karen/