• 2013年
    (平成25年)
    12月04日
    (水曜日)


    渋谷区編PartⅡ

    ホンモノの東京新聞はこちらから


    本日の編集長:恵比寿駅西口、ゑびす像前より 本日の編集長:恵比寿駅西口、ゑびす像前より さて、再び渋谷区だ。渋谷区もまた、雑多なエレメントが犇(ひしめ)いているので、二回に分けてお送りすることになった。いや、本当は一回で次に行く予 定だったのかもしれない。私がどうしても、「渋谷で夜の要素がないのは、香港で飲茶がないのと同じだ」とごねたので、担当者が仕方なく私の徘徊に付き合う ことになったのである。

    編集長、恵比寿の劇場に潜入!
     そういう状況で、恵比寿に行こう、恵比寿へ。恵比寿といえばヱビスビールではないか。しゅぽぉーん、とくとく、しゅわあああっ……となるはずだったが、 まだ時間も早いというので、人寄り場所にあるべき施設、劇場へ。恵比寿に劇場なんて聞いたことがない、という方もおありだろう。明治通りにほど近い、その 名も「恵比寿エコー劇場」だ。れっきとした劇場で、その名の通り、劇団テアトルエコーのホームグラウンドなのだ。テアトルエコーといえば、まだこの世に 「声優」などという言葉すら存在しない頃から、「るるるーぱああああん!逮捕する!」の銭形警部でおなじみ納谷悟朗さんや、「こおおんばああんは、皆様」 のヒッチコックの吹き替えでも有名な熊倉一雄さんらを輩出した歴史ある名門の劇団だ。先日、私が司会をしているラジオ番組に、旗揚げの頃からのメンバー だった矢島正明さんがゲストでおいでくださり、「逃亡者」や「宇宙大作戦(スタートレック)」のオープニングナレーションなどを生で実演してくださったの だが、劇団を維持するために声の吹き替えのアルバイトで稼がざるを得なかったと、当時を振り返っていらっしゃった。記号的に変な抑揚で大げさに演技をする 最近の声優にも苦言を呈しておられたけれども、やはり舞台で鍛えられた下地があったからこその技が発揮されていたのだろう。?


    恵比寿駅から徒歩約5分。意外なディープスポット!?

     この劇場では最近も、きたむらけんじ作・演出の「泡」という芝居(福島のソープランドが舞台で、原発事故や社会の影響に翻弄される人々をリアリティを持ち、かつ説教臭くならないコミカルな手法で描いた秀作)も上演されて、新聞その他で話題になったし、定期的に古今亭志ん朝一門の噺家を中心とした寄席も開催されているようだ。昔は町内に一軒ずつ寄席があったなどという人がいるけれども、こういう形で、せめて山手線全部の周辺には劇場や寄席ができればいい。どうして維持するかは、それぞれで上手くやってください。


    演出家募集中です、興味のある方は是非!!


    普段の編集長は、こんな感じなんでしょうか…。

    昔ながらの中華そば。たまに食べたくなるんですよね~。 一般的には台本で喋ってるイメージですが、最近はモニターを見て喋るそうです。

    逆さまのティッシュペーパー。重力に逆らっているので抜きにくいです。 劇場スタッフの方とパチリ。舞台のPRしちゃって下さい!!

    逆さまのティッシュペーパー。重力に逆らっているので抜きにくいです。 寄席も行われております。編集長も興味津々。
  • 2013年
    (平成25年)
    12月04日
    (水曜日)

    恵比寿の由来と、恵比寿様。

     この恵比寿という駅名は、ヱビスビールの工場があったからこの名前になったそうだ。私はてっきり、恵比寿神社か恵美須神社か戎神社か夷神社か蛭子神社が あったのでその名がついたのだと思い込んでいた。近所にある恵比寿神社も、他の神様が祀られていたのだが、この際ということでご近所に肖って、昭和34年 になってえびす様を祀るようになったという。えびすといえば、やはり兵庫県西宮市のえびす宮総本社西宮神社だが、そこから合祀して恵比寿神社に改名したの だとか。

     恵比寿駅周辺には、恵比寿像が幾つか存在する。その中でも、駅前のゑびす像はすこぶる有名だ。銀座三越の ライオン、渋谷駅のハチ公、モヤイ像のように、待ち合わせの目印の定番にもなっている。クリスマスの時期にはサンタクロースのコスプレをされていることも あるが、今年はどうだろうか。しかし、日本に定着した風習だとはいえ、七福神のリーダー的な存在を、真っ赤っかなコーラの広告に出てくるようなファーザー クリスマスに変装させては、何教のイベントなのかわからなくなってしまう。良いのだ、どちらにせよ縁起物だ。そんなことを言い出したら、ハロウィンだって キリスト教のお祭りではないではないか。誰もそんなことを言ってないって?そうですか



    恵比寿の街の美化に役立つ恵比寿さまでございます。
    こんな所にも恵比寿様が・・・!??


    これも恵比寿様ですかね・・・?

    恵比寿様じゃなくて、大黒様だった!?
     駅前から駒沢通りを西へ渡ると、ビルの二階にも幾何学的なデザインの恵比寿像が。あちらの壁、こちらの隙間に恵比寿様。商売繁盛笹持って来い。景気回復宜しくお願いします。宝くじの窓口にもエビス様が。絶対当たるよ、どこかで誰かに。と思ったら、恵比寿様ではなく大黒様ではないかいな。まあコンビだからよしとしましょう。担当が目をキラキラさせて「えびすストアの脇の路地奥にもあるんですよ」と言いながら案内するので行って見たら、こちらも大黒様だった。駅前の恵比寿像とこちらの大黒像、ほとんど顔の見分けがつかない。なぜだろうと思ったら、お二人とも顔が全くミュージシャンの鈴木慶一さんだった。 大黒といえば、私が東京の下北沢と大阪の新福島でやっているカレー店「般゜若(パンニャ)」のレシピを一緒に作ってくれているカレー名人・渡辺おさむが、以前恵比寿でやっていたバーとカレーの店の名前を私が命名したことがあった。その名は「まはから」で、実はサンスクリット語で大黒天を指すマハーカーラーからつけたものだ。恵比寿だからコンビの名前を付けたのだ。また機会を見つけて復活させて欲しいものだ。
    恵比寿神社の社は、なんと札幌ビールの敷地内にもあった。表敬参拝。
    ビルの2Fにひっそりと佇む、ハイテク恵比寿様。

    編集長もいつかはここに仲間入りでしょうか…。

    この裏には何が・・・?

    ビルの谷間に何故かおられます、恵比寿様ならぬ大黒様。

    恵比寿神社は、兵庫県西宮神社が発祥の地だそうです。

    せっかく来たのできちんとお参り。なにかお願い事は…?

    お辞儀を大変に深々となさっております。
  • 2013年
    (平成25年)
    12月04日
    (水曜日)

    動く歩道も、恵比寿は優雅…
    恵比寿ガーデンプレイスで決めポーズ!

    動かない歩道を歩いた方が早そうですね…。


    よ~く見ると、「No Smoking」が禁止されてますね~。

    恵比寿?代官山へ。素敵な(?)思ひ出と共に…。
    海の入口、恵比寿にもあるんです。


    バラの絵が描かれたビルはファンシーすぎて怖いので近寄らず。えびす海岸の看板の絵も怖いので近寄らず。槍ヶ崎の交差点に近い、14階建ての白いマ ンションが二棟ある。ヒルズ代官山とコート代官山だ。私はデビュー間もない頃、このヒルズ代官山の11階のワンルームに住んでいた。隣のコート代官山には コラムニストの泉麻人さんがおり、よく2人でサブカルでノスタルジックな話をしながら、ストロガノフやボルシチを食べたものだ。懐かしいなあ。

    ?このマンションに住み始めた頃、留守番電話に、在りし日の景山民夫さんからメッセージが入っていた。

    駐輪場も、何だかお洒落な代官山。

    「キッチュ(私の当時の芸名)、そこのマンションの8回に幽霊がいるんだよー。夜中一人でエレベーターに乗るとね、誰も呼んでないのに8階に止まるんだよ。誰かが降りるか、乗ってくるか、してるんだろうねええええ」

    当時はまだ、少しは幽霊を信じていたので、本当に訴えようかと思った。
     駅のガーデンプレイス側に延びている通路には、名物の動く歩道がある。しかしこの動く歩道、歩かないので動くただの道だ。大阪の動く歩道は、1970年 のこんにちは、昭和45年の大阪万国博覧会に合わせて作られたのが日本で最初だったと思うが、その大阪の動く歩道は本当に歩道である。歩くのが遅い人や歩 きたくない少数派は、急ぐ人が追い越すために左側を開けて乗るのだ。 ところが、なぜか恵比寿の歩道でほとんどの人が立ち止まったままだ。なんという優雅でスローモーな光景だろう。関西人の私からすると、もう、いいい いーっ、とくるのである。
     ガーデンプレイス内での禁止行為の注意書きを発見。ビラ配りやローラースケートなどが挙げられているのだが、ノースモーキングが一番大きく書かれている。禁煙はだめなのかあ。タバコを買いに走らねば。んなバカな。?

    ちなみに撮影は真冬です。
    これは落書きじゃないですよ~。編集長の表現をお借りすると、ファンシーなビルだそうです。
    編集長の表現をお借りすると、ファンシーなビルだそうです。編集長の表現をお借りすると、ファンシーなビルだそうです。
    編集長の昔のお住まい。是非探してみては…!?
  • 2013年
    (平成25年)
    12月04日
    (水曜日)

    編集長、飲みたいが為の渋谷区編part2ですからね…。
     さあ!ようやく夕方になったので、渋谷のんべい横丁へ。今回はこれがメインなのだ。「鳥福」という、もともと有名すぎてなかなか入り込めない名店なのだけれども、今回は開店時間早々に潜入することにした……ら、もうすでに相当食べ進んでいる先客が何組かいるではないか。ガラスケースの美しい部位部位部位部位に目を見張りながら、オススメのものを次々と。
    それぞれの味わいについては、グルメリポートではないのでいちいち触れないけれども、こんなに焼き鳥を食べて興奮することはまずないだろうという状態だった。名店中の名店であるにもかかわらず、大将はリベラルなノリで、「好きに食べてくださいね」と、何度もおっしゃる。私の口癖、「好きに食べたいなあ」をご存知であるかのような嬉しい響き、有難うございます。

    とっても気さくな店長さんでした!!


    小さなお店なので、レイアウトには様々な工夫が。 男女問わず人気のママさん。楽しそうに働く姿が魅力的でした!!
     オススメの銘酒や絶妙の鳥スープなどを頂いて、ほろ酔い加減で店を出て、三歩ほど右にずれればこれまた居心地の良いバー「amulet-d」が。ママさんの男好きのするサバサバ感が男女ともに大人気で、連日満員なのである。すこぶる良い感じになって、後ろ髪を引かれながらも大阪へ向かう新幹線に乗って爆睡。もっと長く渋谷の夜に浸りたいという未練だけが残るのだった。いつでも行けるじゃないか。

    スポット情報

    ■恵比寿エコー劇場
    (恵比寿駅東口から徒歩5分)
    〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3
    TEL:03-5466-3311
    ★公演情報はこちらから
    http://www.s-echo.co.jp/?cat=1

    ■焼き鳥「鳥福」
    (渋谷のんべえ横丁内)
    東京都渋谷区渋谷1-25-10?のんべい横丁
    TEL:03-3499-4978
    営業時間:
    [月~金]
    16:30~21:00
    [土]
    16:30~20:00 

    ■バー「amlet-b」
    (渋谷のんべえ横丁内)
    TEL:03-5467-2777
    営業時間:19:00~翌2:00

    のんべい横丁至極の焼き鳥店、「鳥福」さんへ。
    まるでお寿司屋さんのよう。寿司ネタならぬ鳥ネタ豊富です。 鳥福さんのお隣、バー「amlet‐d」さん コーヒー酒は店長考案のオリジナル焼酎だそう。

    編集長松尾貴史
    松尾貴史

     1960年神戸市生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒業後、研究室勤務のかたわら、ナレーターとしてデビュー。テレビ、ラジオ、映画、舞台、エッセイ、イラスト、カレー店など、分野にこだわらず活動。著書に「接客主義」「ネタになる統計データ」など。最新刊は「なぜ宇宙人は地球に来ない?笑う超常現象入門」を編み直した「超常現象・都市伝説」(PHP研究所)。