東京どんぶらこweb版 ヘッター
  • 新宿区 漱石公園 (そうせきこうえん)

    東京どんぶらこweb版 あし
  • 東京メトロ東西線早稲田駅、都営大江戸線牛込柳町駅、都電荒川線早稲田停留所下車
スクロール
東京どんぶらこweb版 マップ

イラストマップ: 元吉礼子

  • 東京どんぶらこweb版 今昔記
  •  名作「吾輩(わがはい)は猫である」の主役、猫が早稲田南町の漱石宅で死んだのは1908(明治41)年9月13日。その様子が小品「猫の墓」にある。「妻は出入の車夫を頼んで四角な墓標を買ってきて何か書いてやって下(くだ)さいと云う。自分は表に猫の墓と書いて裏に此の下に稲妻起る宵あらんと認めた…」
     漱石は翌日弟子の鈴木三重吉に黒枠の死亡通知を出した。「昨夜裏の物置にて逝去致候。埋葬は蜜柑(みかん)箱へ入れて庭先にて執行」と。猫に名前も付けず夫婦とも時には邪険に扱ってきたが、心中では文豪への道を開いてくれた福猫に漱石なりの哀惜の思いがあったのだろう。墓は後に遺族が他の犬猫の供養も含めて石の多層塔に作り替えたが戦火で家もろとも被災。戦後区が名作ゆかりの猫塚として復元した。今年は生誕150周年。待望の「漱石山房記念館」が24日に開館する。(哲)

2017年09月23日(土曜日)掲載分

東京新聞紙面での今後の掲載は以下の予定です。

  • 西ヶ原・滝野川
  • 早稲田
  • 庚申塚
  • 芝公園

朝刊紙面では、毎週土曜日の最終面で連載中!

いち早く紙面で全文を
読みたい方に!
東京どんぶらこweb版 Bottom

魅力的な街がまだまだ盛りだくさん。バックナンバーはこちらから。 ご覧になりたい地域をクリックしてください。