ほっとWebHOME > 東京どんぶらこ > 小金井の桜と 江戸東京たてもの園
東京どんぶらこweb版 ヘッター
  • 小金井の桜と
    江戸東京たてもの園
    (こがねいのさくらとえどとうきょうたてものえん)

    東京どんぶらこweb版 あし
  • JR中央線の武蔵小金井駅または東小金井駅、西武新宿線の花小金井駅。各駅からバスで5分ほど
スクロール
東京どんぶらこweb版 マップ

イラストマップ: 高橋美江

  • 東京どんぶらこweb版 今昔記
  • 小金井市文化財センターの浴恩館(よくおんかん)は一九三〇(昭和五)年、青年教育者の田沢義鋪(よしはる)が設立し青年団講習所として使った由緒ある建物だ。ここで三三年から所長を務めたのが、長編「次郎物語」の作者下村湖人で、第五部はこの浴恩館を舞台に青年群像を描いている。主人公次郎は里子に出されたため家族となじまず、孤独な少年期を送る。実母の死や愛の悩み、中学退学など次々と困難に直面するが、恩師の温情を受け自分の道を切り開いていく。

    明治から昭和の戦乱期へ、そして故郷佐賀から東京へ舞台を移し波乱の時代を歩んだ作者の自伝的小説。自由教育に情熱を注いだ講習所にも軍部の圧力が強まり、下村は四年で所長を辞任。戦後は講演や次郎物語執筆に力を入れ五四年に第五部を出版するが、翌年老衰のため七十歳で没した。戦中戦後編を構想しつつ未完のまま…。(哲)

2018年4月7日(土曜日)掲載分

東京新聞紙面での今後の掲載は以下の予定です。

  • 汐留ビル群と浜離宮
  • 豪徳寺
  • 常盤台
  • 池袋西口と立教大学

朝刊紙面では、毎週土曜日の最終面で連載中!

いち早く紙面で全文を
読みたい方に!
東京どんぶらこweb版 Bottom

魅力的な街がまだまだ盛りだくさん。バックナンバーはこちらから。 ご覧になりたい地域をクリックしてください。