ほっとWebHOME > 東京どんぶらこ > 十条・東十条
東京どんぶらこweb版 ヘッター
  • 北区 十条・東十条 (じゅうじょう・ひがしじゅうじょう)

    東京どんぶらこweb版 あし
  • JR埼京線の十条駅、同京浜東北線の東十条駅
スクロール
東京どんぶらこweb版 マップ

イラストマップ: 高橋美江

  • 東京どんぶらこweb版 今昔記
  •  作家佐多稲子が夫と十条の借家へ越してきたのは一九二八(昭和三)年のことだった。「十条駅に近い労働者の街で、水が美味(おい)しく秋には山茶花(さざんか)がいっぱい咲いた」と著書「私の東京地図」にある。ある日、王子署の特高刑事が家にやってきた。普段から言動が監視されていたのだ。佐多は求められるまま労働機関紙「無産者新聞」を渡してしまう。帰宅した夫に責められた佐多は必死の思いを胸に特高部に乗り込んだ。あの新聞を返してほしいと…。

     「うちへ帰れない。夫におこられた」「まさか離婚だとも」「そのくらい大事なんです」と押し問答が続き、根負けした刑事は「しょうがねえな」と投げ返した。署を駆け出た佐多の胸は後悔や安堵(あんど)など複雑な思いでぶるぶる震えたという。忘れ得ぬ記憶が詰まった十条暮らし。佐多は後年この町がいとおしかったと回想している。(哲)

2018年11月3日(土曜日)掲載分

東京新聞紙面での今後の掲載は以下の予定です。

  • 皇居
  • 雅叙園と権之助坂・行人坂
  • 武蔵小山
  • 吉祥寺

朝刊紙面では、毎週土曜日の最終面で連載中!

いち早く紙面で全文を
読みたい方に!
東京どんぶらこweb版 Bottom

魅力的な街がまだまだ盛りだくさん。バックナンバーはこちらから。 ご覧になりたい地域をクリックしてください。

上へ戻る