ほっとWebHOME > 東京どんぶらこ > 東京ミッドタウン日比谷
東京どんぶらこweb版 ヘッター
  • 千代田区 東京ミッドタウン日比谷 (ちよだく・とうきょうミッドタウンひびや)

    東京どんぶらこweb版 あし
  • 東京メトロ日比谷線と千代田線、
    都営地下鉄三田線の日比谷駅
スクロール
東京どんぶらこweb版 マップ

イラストマップ: 中川 希美

  • 東京どんぶらこweb版 今昔記
  •  四百年ほど前、日比谷は海だった。細長い袋状の「日比谷入江」が江戸城の足元まで入り込んでいたのである。
     江戸幕府を開いた徳川家康の大号令で大がかりな工事が始まると、入り江には資材を積んだ船が行き交い、ついには入り江そのものが埋め立てられた。こうしてできた土地に立ち並んだのは大名屋敷。明治に入ると鹿鳴館や帝国ホテルが建設され、公園や劇場も造られて、エンターテインメントやビジネスの一大中心地としての街が形成されていく。徳川幕府の成立がなく、大規模な江戸改造が行われなければ、この地はまったく違った様相を呈していたかもしれない。
     その昔は「比々谷」と表記されていた。隙間を表す「ヒ」が語源となったのではないかといわれる。高層ビルが櫛比(しっぴ)する現在を見て、往時の人々はなんと地名をつけるだろうか。(次)

2019年3月23日(土曜日)掲載分

東京新聞紙面での今後の掲載は以下の予定です。

  • 花屋敷
  • 磯沼ミルクファーム
  • 南麻布
  • 大正大学界隈

朝刊紙面では、毎週土曜日の最終面で連載中!

いち早く紙面で全文を
読みたい方に!
東京どんぶらこweb版 Bottom

魅力的な街がまだまだ盛りだくさん。バックナンバーはこちらから。 ご覧になりたい地域をクリックしてください。

上へ戻る