国分寺(こくぶんじ)
◆国分寺(国分寺市)
JR中央線、西武多摩湖線国分寺駅下車

国分寺マップ
 

 国分寺駅南口から歩いて20分ほど。うっすら汗ばんできたころに、お鷹(たか)の道入り口にたどり着く。清流沿いが遊歩道となっているお鷹の道は、水辺に四季折々の花が咲き、時々感じる涼風もさわやか。
 しばらく歩くと真姿の池湧水(ゆうすい)群に到着。雑木林に囲まれた静かな小道の先に水がわき出る池があり、ザリガニを釣る子どもたちも。訪れた人たちが、遠巻きにザリガニを釣る糸を見守っている。
 池にかかる小さな橋を渡って弁財天にお参り。水が澄んでいるので、池に泳ぐカモの足までよく見える。
 湧水群の先を歩くと、ぱっと視界が開けて、都立武蔵国分寺公園に出る。青空の下の広大な芝生の広場は最高に気持ちがいい! 園内にある野鳥の森では、雑木林の中に小道が作られ、さまざまな種類の鳥の鳴き声を楽しみながら森林浴ができる。公園の南側は円形の広場や池、噴水などがあり、子どもたちが元気に遊んでいる 。


写真01


 公園で丸一日過ごせそうだが、駅方面に戻って街を散策。都立殿ケ谷戸庭園の先で見つけたパン屋さんキィニョン=電話042(325)6616=へ。
 絵本の中から飛び出したようなかわいい飾りつけの店内に、おいしそうなパンがぎっしり並ぶ。「食パンを家の形にしたり、巨大なメロンパンを作ったり、予約でオリジナルのパンを作ることもできますよ」とスタッフの斉藤恵子さん=写真左。


自然と人の温もり 満喫

  次は南口近くの古酒と沖縄料理首里乃家(しゅりんち)=電話042(300)2146=へ。「大の沖縄好きで、訪問 回数は数え切れない」という店長森川茂さんがオープンさせたこだわりの店で、なかなか手に入らない泡盛や沖縄の魚の刺し身などもそろえる。スペアリブを9 時間コトコト煮込んだ「ソーキ」が載ったソーキそば(880円、写真(右))をいただき、そのおいしさに感激!



写真02

写真03


 駅北口へ出て、多根果実店=電話042(321)0180=へ。果物専門店だが、店内にはケーキがたくさん。「果物をおいしく食べてもらうため、ケーキをつくっています」と同店3代目でパティシエの延命真一郎さん=写真左。果物たっぷりのケーキを目当てに地元の人がひっきりなしに訪れる。
 「国分寺は、みんなが『こんにちは』と気軽にあいさつできる温かい町。生まれ育った町の人に喜んでもらえるケーキを作りたい」
自然の恵みと人の温かさに触れた国分寺散策。身も心もすっかりリフレッシュした一日だった。(池沢なつ)