御殿山(ごてんやま)
JR品川・大崎駅、京急線品川・北品川駅下車
御殿山 マップ
垣間見た戦後史

 品川駅や大崎駅周辺、御殿山の再開発地区に囲まれながら、原美術館の周辺は昔からの高級住宅地が残されている。原美術館はもともと個人宅だったが戦後GHQに接収された後、外国の大使館として使われるなど数奇な運命を経て美術館としてオープンした。
 常設展示作品は意外な場所にあり、邸宅時代にトイレや浴室だった場所の扉をそっと開けると世界的に有名なアーティストの作品が目に飛び込む。「このドアはなんだろう?と思ったらぜひ開けてみてくださいね」と同館の野田ユミ子さんがほほ笑む。GHQまたは大使館時代のものと思われる英語の張り紙をそのまま題名にした作品など、この美術館ならではの作品も楽しめる。
 御殿山周辺はソニーの創業の地でもある。無名の小さな会社だったソニーがここに本社工場をつくり、数々の製品を生み出した。本社は移転したが、ソニー歴史資料館がこの地の歴史を伝える。戦後間もないころ、技術者が家庭にあるような身近な道具を使って試作を重ね、新製品を生み出した経緯には驚かされる。井深大、盛田昭夫両氏の映像は国内外からの見学者に好評だという。訪れた先々で御殿山の戦後史を垣間見た後は、街の景色が違って見えてきた。(池沢なつ)

(電話)

★原美術館 03(3445)0651  ★ソニー歴史資料館(5448)4455  ★パンオフゥ(5420)5404  ★BAKERY SUGI?NO?KI(6325)5192

2012年6月23日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。