大森山王(おおもりさんのう)
JR京浜東北線大森駅下車
大森山王 マップ
「文士村」のなごり

 昔、海に面した高台だった大森山王は、関東大震災後、高級住宅地になった。八景天祖神社へ上り住宅街を通ってジャーマン通りへ抜ければ、その変遷がかいま見える。一帯は「馬込文士村」とも呼ばれ、都新聞に連載された長編小説「人生劇場」を書いた尾崎士郎や、言論界で活躍した徳富蘇峰の旧居跡も残っている。
 この辺りは戦後、商店街や映画館でにぎわった。「外国人の家も多く、12月は花正さんの店先にモミの木が並び、しゃれた雰囲気でした」とSANNO SAKURAYAの店主河合治美さんは懐かしむ。21年前、ジャーマン通りゆかりの東京横浜独逸学園が移転し、商店は減る一方だが、コンビニから酒店に戻し店を継いだはしごや酒肆の船島朝子さんは、「新たなにぎわいを」と今年、有機野菜の産直市を始め、軒先にも会話があふれていた。

 老舗レストランで菓子作りに目覚め、フランスや都心の有名店で腕を磨いた丸山正勝さんは、しっとりした街の雰囲気にひかれ7年前、ル ガリュウMを開いた。伝統的な菓子に独自の工夫を加え「記憶に残る味」を探求している。人気のキャラメルショコラサレは、街によく似合う上品な深みのある甘さが重なり合っていた。(武居智子)

(電話)

★京華飯店 03(3772)6541  ★はしごや酒肆(3774)3551  ★ル ガリュウM(3774)3164  ★SANNO SAKURAYA(3772)4334  ★フラワーショップ花正(3772)3534  ★東京くりから堂(3776)8835  ★大田区立尾崎士郎記念館(3750)1611  ★大田区立山王草堂記念館(3778)1039

2012年12月8日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。