町田(まちだ)
JR横浜線・小田急小田原線町田駅下車
町田 マップ
個人商店が存在感

 町田駅の周辺は、小田急百貨店、109、ルミネに東急ハンズと大型店が立ち並ぶ一方で、地元密着の個人商店が存在感を放っている。老舗のお茶専門店ひじかた園では世界各地のお茶を販売、ティールームで本格的なマテ茶を楽しむことができる。和菓子のまちだ庵若葉堂では開発に3年かけたという「桃の便り」が大人気だ。若桃の甘露煮を求肥(ぎゅうひ)、きんとんで包んだもので「商談に持っていくとうまくいく」という常連客もいる。

 いまの街の姿からは想像もできないが、かつて駅のすぐ近くには広大な醤油(しょうゆ)工場があった。八王子や群馬などから横浜港へ生糸を運ぶ「絹の道」の中継地として栄えていたところへ大正8年、岡直三郎商店が醤油工場を開業した。

 昭和の初めころは駅に立つと醤油の香りが漂っていたという。現在は群馬県で製造されているが、「町田の醤油」として愛用されている。「伝承の製法を守り、木おけを使って長期間かけて熟成させています」と8代目社長の岡資治さんは言う。本社前には、つい最近まで使われていた大きな木おけに商品を陳列したユニークな店舗があり、人目を引いている。(池沢なつ)

(電話)

★ひじかた園042(722)3265  ★まちだ庵若葉堂(723)1634  ★にほんいち醤油・岡直三郎商店(722)2024  ★醤油料理 天忠(739)1303  ★エスポアなかのや(722)2014  ★町田市立国際版画美術館(726)2771

2013年01月19日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。