加賀(かが)
都営三田線板橋区役所前駅、JR埼京線十条駅下車
加賀 マップ
めまぐるしい変遷

 池袋からほど近く、閑静な住宅街という印象の町だが、その変遷はめまぐるしいものがある。

 江戸時代、一帯は加賀藩前田家下屋敷だった。敷地の広さは実に本国金沢にある兼六園の約7倍(約21万坪)を誇り、大名の間では「桃源郷のよう」といわれた。それが、明治以降は軍需工場へと変わり、戦後になると精密機器や印刷業などが発展した。  

 昔は町工場が多かったが、いまは大型マンションが増えたね」。児玉武道具店の店主・児玉賢一さんは振り返る。見渡せば高層マンションが建築中だ。 学校も多い。十条駅にほど近い、ギャラリー&カフェ ファインドには近隣の大学教授もランチを食べにくるという。オーナーの岩崎修治さんは「うちは席数が少ないせいか、学生さんに内緒の隠れ家なんだそうです」と笑う。  

 梅好きが高じて希少な杉田種の梅に魅せられ、梅専門店・延楽梅花堂を昨年オープンした乗松祥子さんは「加賀藩前田家の家紋が梅鉢、梅のご縁でこの地を選んだ」と語る。 歴史の跡を残しつつも発展する街。きっとまた新しい変貌を遂げるのだろう。(はやしひろ)

(電話)

★延楽梅花堂03(5375)5621  ★cafeのん(5248)1381  ★ギャラリー&カフェ ファ インド(5876)7566  ★児玉武道具店(3962)5575  ★鳳竹堂(3964)7230

2013年01月05日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。