尾久(おぐ)
JR宇都宮線(東北線)尾久駅、都電荒川線荒川車庫前・荒川遊園地前停留場下車
尾久 マップ
憩いのあらかわ遊園

 ♪春のうららの ♪隅田川
 気持ちよい歩道沿いで隅田川の欄干に並ぶ金属板をたたいていくと、懐かしいメロディーが流れた。滝廉太郎作曲の「花」を奏でる鉄琴になっている。
 曲がりくねった細い道が入り組むあらかわ遊園の周辺を歩いていくと、古い煉瓦(れんが)塀に出くわす。明治初期、この辺りは盛んに煉瓦工場が建てられた。周辺の土は煉瓦に適し、川に近くて輸送の便も良かった。やがて工場は閉鎖され1922(大正11)年、跡地にあらかわ遊園が開園した。煉瓦塀で囲まれた園内には川の水を利用した池や滝が造られた。「東京に最も近き避暑地」が宣伝文句だったというが、第2次世界大戦中に高射砲陣地が設置され空襲で焼け野原となった。
 1950年、現在の区立遊園地になる。洋菓子セキヤの関矢尚尊さんは「私もよく子どもを連れて遊びに行きますよ」とほほ笑む。店内にはあらかわ遊園をモチーフにした洋菓子が並ぶ。「他の町へ引っ越した方が懐かしがって店を訪ねてくれることもあります。これからも地元とともに発展していけたら」。店内に並ぶ色とりどりのケーキが春の訪れを告げている。(池沢なつ)

(電話)

★あらかわ遊園03(3893)6003  ★洋菓子セキヤ(3894)6628  ★こどもの家きくや(3800)1067  ★寺島酒店(3893)4082  ★明美(3919)2354

2013年03月09日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。