善福寺(ぜんぷくじ)
JR中央線西荻窪・吉祥寺駅、西武新宿線上井草・上石神井駅下車
善福寺 マップ
アートもすくすく

 武蔵野の面影を残す善福寺公園は、時がゆっくり移ろう。「遅野井」と呼ばれた池の伝説では、水を求める源頼朝が弓で何度も土を突き「遅いの」といったとか。水辺には井荻村の時代、区画整理に努めた村長の像、井草八幡宮には民俗資料館もあり、地域の歴史も大事に残されている。

 「畑が広がってたころ春は土が舞ってね」と懐かしむ新町商栄会の店主たちが、この町らしい魅力を二つ教えてくれた。一つは大正時代に狩猟したワシをご神体にした大和市神社。鳥小屋サイズの神社だが、昔は11月の酉(とり)の市に屋台や芝居小屋も出たそうだ。

 11月には野外アート展「トロールの森」もある。公園を舞台に国内外の芸術家と住民が10年以上続けてきた。「創作には日常的な異文化との触れ合いがいい勉強になるんです」と発起人で彫刻家の村田弘子さんは話す。夫の達彦さんと家の診療所を改装して始めた遊工房アートスペースでは、十数年間で40カ国180人余りのアーティストが滞在して、創作・発表をしてきた。

町に残る大樹のようにアートがすくすく育つ土壌も、地元を愛する人たちの手で、培われている。(武居智子)

(電話)

★善福寺公園サービスセンター03(3396)0825  ★井草民俗資料館=井草八幡宮(3399)8133  ★遊工房アートスペース(5930)5009  ★魚秀(3399)6954  ★クラフト 木つつ木(3397)0140  ★葉月ホールハウス(5310)3546

2013年04月06日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。