新宿コマ(しんじゅくこま)
◆新宿コマ(新宿区)
JR、東京メトロ丸ノ内線新宿駅ほか下車

新宿コママップ
 

 新宿駅からコマ劇場へ向かって歩くと、路上にゴミがないことに気づく。たばこの吸い殻も見かけない。2004年から「歌舞伎町クリーン作戦」がスタートし、町の人たちが清掃活動をしているという。かつての雑然としたイメージから清潔で歩きやすい街へと変わっている。
 最初に訪れた花園神社は、繁華街に囲まれたエアポケットのような場所。立派な鳥居をくぐり、木々の茂る境内を歩くと街の雑踏を忘れてしまう。周辺のビルや道路は日が照りつけてギラギラと熱を放っているが、ここは木々の葉が日陰をつくり気持ちよく歩ける。

写真01


 花園神社の向かいの花園万頭(まんじゅう)=電話03(3352)4651=は天保5年創業の老舗和菓子店。金沢で 創業後、前田家の御用地があった新宿に移り、花園神社にちなんで店名がつけられた。「花園万頭」と「ぬれ甘なつと」がロングセラーの人気商品で、「夏限定 のこだわりトマトのくず万頭もお薦めですよ」と販売員の松田典子さん=写真右。プルプルのくずに包まれた甘いトマトは病みつきになりそうなおいしさ。




清潔で歩きやすい繁華街に

 次はロシア料理店スンガリー=電話03(3209)4937=へ。1956年創業の老舗で、3世代で通う常連さんも多 いという。伝統料理はもちろん、最新のロシア料理も楽しめる。店名は中国のハルビンを流れるスンガリー川(松花江)に由来する。かつてハルビンに住んでい た歌手加藤登紀子さんの両親が創業した。本店はディナーのみの営業だが、スバルビル地下の新宿西口店=電話 03(3343)5047=はランチもいただける。土曜と祝日のボルシチ・ランチ(1890円)は、週替わりの料理が楽しめる人気のコースで、野菜たっぷ りのボルシチとゴルブッツィというロールキャベツ=写真(左)=は感動的なおいしさ! 自家製パンとデザート、手作りジャムが添えられたロシアンティーを いただき、すっかりロシア料理のとりこに。





写真02

写真03


 駅周辺の人ごみをかき分け、但馬屋珈琲店=電話03(3342)0881=へ。店内でコーヒー豆を焙煎(ばいせん) し、注文を受けてからひいて、ネルドリップで丁寧にいれてくれる。古いランプや骨董(こっとう)品が飾られた店内でいただく香り高いコーヒーの味は格別。 「客席から『おいしい』という声が聞こえた時が一番うれしい」と店長の大久保清作さん=写真右。  
 店から出ると、急に時間の流れが速くなったような錯覚に。足早に歩く人の波が交差点を埋め尽くし、気づくと街は別の顔になっていた。
(池沢なつ)