柿の木坂(きたのきざか)
東急東横線都立大学駅下車
柿の木坂 マップ
「大学の町」がらり

 最寄り駅の名前となっている都立大学(現・首都大学東京)は1991年に八王子に移転。かつての学生が訪れると、あまりの街の変貌に驚くという。

 46年創業の旭ベーカリーは、都立大学の学生御用達だったパン屋さん。2代目店主宮崎仁孝さんは「年に数回、昔の学生さんが訪ねてきますよ」とほほ笑む。「父の話によると昔は街にバンカラな学生がたくさん歩いていたそうです」。大学跡は芝生の緑が美しいめぐろ区民キャンパス公園に生まれ変わり、街は閑静な住宅街になった。「お客さまは家族連れが多いですね。店の窓からめぐろ区民キャンパス公園の芝生や街路樹が季節ごとに色彩を変えていくさまが楽しめます」

 駅南口から足を延ばして、竹林が美しいすずめのお宿緑地公園へ。園名は、昭和のはじめごろ、この竹林に数千羽のスズメがすんでいたことに由来する。目黒区がかつてタケノコの名産地だった名残を伝える場所だ。公園の一角には、区内にあった江戸時代中期のものとされる古民家が移築・復元され、内部も一般公開されている。座敷にあがり、縁側に腰掛けて一休み。涼やかな風が通り抜け、しばし猛暑を忘れた。(池沢なつ)

(電話)

★旭ベーカリー 03(3717)0881  ★キャトル 柿の木坂本店(5431)3663  ★つ久し(3724)0294  ★目黒区古民家(3714)8882

2013年07月13日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。