三鷹(みたか)
JR中央線三鷹駅下車
三鷹 マップ
文学からジブリまで

 三鷹駅の南側にはいまも武蔵野の自然が残る。駅前から井の頭公園へは玉川上水が流れ、雑木林へと導く「風の散歩道」の周辺には井の頭自然文化園をはじめ、三鷹ならではの文化施設も点在している。

 作家の山本有三が暮らした大正期築の洋館は記念館になる以前、「有三青少年文庫」として市民に開放されていた。戦時下でも子どもに読書をと応接間で文庫を開いた山本の意思を継ぎ、30年余り続いたという。近所でカフェ・マグノリアを営む大熊喜也さんは「テラスから上がり本を読んだり、庭でメンコをしたり…。街中が遊び場でしたがその一部でした」と懐かしむ。

 太宰治文学サロンは太宰も通った酒店の跡地にある。みたか観光ガイド協会のボランティアが常駐し、旧居跡や墓などをめぐる街案内(要予約)は全国から訪れる太宰ファンにも好評だ。代表の小谷野芳文さんは「作品を読んで勉強していますが、作家論は語りません。議論になるので、太宰の妻の回想録を引用するなど、住民の視点でガイドするように心がけています」。

 アニメ制作者の情熱と愛情に満ちた三鷹の森ジブリ美術館を見た後は、自然がより近く感じられた。(武居智子)

(電話)

★三鷹の森ジブリ美術館 0570-055777  ★井の頭自然文化園 0422(46)1100  ★山本有三記念館(42)6233  ★太宰治文学サロン(26)9150  ★桃李蹊(26)8039  ★風のすみか(49)0466  ★カフェ マグノリア(49)9818

2013年12月14日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。