阿佐ヶ谷(あさがや)
JR中央線阿佐ヶ谷駅、東京メトロ丸の内線南阿佐ヶ谷永駅下車
阿佐ヶ谷 マップ
愛情が育てた緑の街

 「昔から阿佐ケ谷のお客さまが持ち込まれた本で賄っており、店内は阿佐ケ谷の縮図のようなもの」と、「千章堂書店」の林高志店主。林さんの椅子のそばには、大学時代から大ファンだったという荒俣宏さんの著作が多く並ぶ。

 駅前にあった「とらや椿山」は戦時中、強制疎開地の対象となり駅南北に帯状の空き地ができた。難を逃れた店の初代、故坂井寅三郎さんはその地を生かし道路建設を都へ請願、中杉通りが開通した。1953年、この道に街路樹を植えようと杉並区に掛け合い、地元の有志と共に費用の一部を負担、ケヤキ並木が誕生した。2代目の益夫さんは「父は『愛情を持って育て、緑豊かな街に』と常々言っていて、並木を見ると当時の父の苦労を思い出して感慨深い」と話す。 (はやしひろ)

(電話)

☆ガッターロ 03(3391)2215  ☆蒲重蒲鉾店 (3311)3543  ☆こどもの本や (3314)3455  ☆千章堂書店 (3338)6410  ☆トイバーガー (5356)9103  ☆とらや椿山 (3314)1331  ☆ぱんだ珈琲店 (3393)5077  ☆やの志ん (3391)8045

2015年10月17日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。