• 東京どんぶらこweb版 ロゴ
  • 目黒区 碑文谷 (ひもんや)

  • 東急東横線学芸大学駅下車
東京どんぶらこweb版 メイン画像

イラスト: 中川希美

  • 人もよう

    一生物「切れる包丁」

  • コーヒー

藤原照康刃物工芸では昭和初期からトン、テン、カンと鍛冶の音を響かせ、鍛造(たんぞう)所を茨城に移した今も仕上げはここでしている。刀鍛冶の技に、鋼とステンレスを合わせたり、指が掛かる溝を設けたりの独自の工夫を加え、切れ味抜群の一生物「総手造り包丁」を製作。「初めて切れる包丁に出合えた」と喜ぶ80代の客もいたという。
Studuo Libの建守桃子さんは19年前、突然他界した父の工房で彫金を一から始めた。「やっと仕事がわかるようになった今、父のお弟子さんから父の技を教わるなど奇跡的な出会いが…父からのギフトだと思っています」。形見の指輪などを依頼主の印象に合わせ生まれ変わらせる「re-bornジュエリー」が好評。「身に着けて一緒に輝いてほしい」と目を輝かせていた。(武居智子)

店舗情報

藤原照康刃物工芸 03(3712)8646
AMAMERRIA COFFEE ROASTER(武蔵小山店) 03(6426)9148
AOZORA COFFEE 03(5704)7267
Studio Lib 03(3712)9460
2017年3月18日(土曜日)掲載分
上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。