西国分寺(にしこくぶんじ)(国分寺市)
◆JR中央線・武蔵野線西国分寺駅下車

西国分寺マップ
人集う街の歴史

 西国分寺駅周辺は、史跡とわき水の宝庫。駅の南、切り通しの古道を下れば、奈良時代の武蔵国分寺跡が広がり、せせらぎ沿いの「お鷹(たか)の道」を進む と、うっそうとしたハケ(がけ)の下に「真姿の池」と源泉が現れる。また駅の北、恋ケ窪は、鎌倉時代の宿場町。寺や池には、遊女にまつわる伝説や武蔵野の 自然が残されている。

 「昔は駅前も雑木林で、よく木の実を拾って遊びました」と話すのは、駅と同じ昭和48年生まれの影山知明さん。「地域や人とのつながりが生まれる場をつ くりたい」と昨年、駅前の生家を共同住宅に建て替え「クルミドコーヒー」を開業。大木の中を思わせる遊び心ある空間と、くるみのお菓子が評判だ。

 住宅街の中、カレー、フレンチ、ケーキ、そばなどの隠れた人気店が点在する。今春、「みのりの歩み」を開業した前川幸太郎さんは「温かく迎えてくれた街 の人たちの食卓を和ます、味わい深いパンを作りたい」と目を輝かせる。4月、仁田譲さんが自宅ガレージに開いたばかりの喫茶店「ライトハウス」では、ご近所さんが街歩きに訪れた人と談笑する姿も。石器時代から人が集う街で、また新たな人の和が生まれている。(武居智子)



(電話)
★すぷーん 042(322)9464★クルミドコーヒー(401)0321★ボンマリアージュ(301)7007★潮 (359)2898★ルスリールダンジュ (304)3255
 ★泉屋とうふ店 (321)1965★ライトハウス (322)0122★みのりの歩み (312)2820★山泉 (327)7400

2009年5月9日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。