虎ノ門(とらのもん)
◆東京メトロ銀座線虎ノ門駅下車

虎ノ門マップ
新旧ミックス魅力

 虎ノ門は日本有数のビジネス街。「私が子どものころからビルは多かった。でも、昔は住民も結構いたんですよ」とあられ・おかき虎ノ門きや社長の森田徹さん。材料にこだわり、伝統の味を守りながら、トマトやチーズなどを使った斬新な商品も多数販売している。

 汐見坂、霊南坂を上って大倉集古館へ。1917(大正6)年に創立された日本最初の私立美術館だ。中国風の重厚な建物は27年に完成。数回の改修工事を 経て、今なお圧倒的な存在感を放っている。そこから目と鼻の先にある菊池寛実記念智美術館は2003年にオープンした新顔。現代陶芸を空間デザインととも に見せる展示が魅力的だ。入り口と展示室を結ぶらせん階段は、ガラス製の手すりが自然光を受けて光り、幻想的な空間をつくり出している。

 美術館の前は江戸見坂。かつて坂の上から江戸の街の大半が見渡せたことからその名がつけられたという。坂を下って周辺を歩くと、ビルの谷間に2階建ての 古い家屋もあちこちに点在する。古いものと新しいものがミックスした街並みは、なんだか不思議な光景。これから虎ノ門地区では再開発事業が進められる。また、街が変わっていくのだろう。(池沢なつ)



(電話)
★虎ノ門きや 03(3501)9148 ★大倉集古館 (3583)0781 ★菊池寛実記念智美術館 (5733)5131 ★ル・プティ・トノー (5545)4640 ★ベーカリーカフェ241虎ノ門 (3595)2415

2009年12月12日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。