三筋(みすじ)
◆都営大江戸線、つくばエクスプレス新御徒町駅下車

三筋マップ
ものづくりに熱心

 江戸時代は組屋敷があり、明治には斎藤茂吉が暮らした三筋。随筆『三筋町界隈(かいわい)』には街の移り変わりが描かれ、保育園の庭には街を詠んだ歌碑が立つ。

 この辺りはカバン、帽子、アクセサリーなどの製造が盛んな地。「自転車で一回りすれば芯にする紙から革、のり、金具…と一通りの材料がそろいます」と江 戸袋物の職人、藤井直行さん。最近は若者からの注文も多く「先日はiPodのケースをこしらえました」とうれしそう。

 廃校になった小島小学校は6年前、服飾雑貨デザイナーなどの創業を支援する施設になった。シュロは、その1期生で地元出身の宇南山加子さんが営む生活雑 貨店。「いろんな出会いを重ね、あらためて地場産業の良さに気づきました」という。最近では、自らがデザインし、缶や指し物などの職人に作ってもらったオ リジナル製品も店に並ぶ。

 街の隠れた名物は、二つのもなか。吉岡堂の「峠もなか」は、京風かる焼きの皮がサクッと香ばしい。川柳発祥の地にちなんだ榮久堂の「柳多留もなか」は、 あんが牛皮に包まれモッチリ。どちらも手の込んだ逸品だ。ものづくりのまごころが、街の隅々に生きていた。(武居智子)



(電話)
★藤井袋物 03(5820)3987 ★シュロ (3861)0675 ★吉岡堂 (3851)8492 ★榮久堂 (3851)6512 ★長尾版画匠 (3847)0772 ★東福織物 (3843)0521★協進エル (3866)3221 ★給食当番 (3847)0537 ★まるいわ (3851)6896 ★台東デザイナーズビレッジ (3863)7936

2010年4月3日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。