田町(たまち)
◆JR山手・京浜東北線田町駅、都営三田・浅草線三田駅下車

田町マップ
背広姿も多くなり

 大企業の本社ビルが多い田町。駅前の飲食店街にある図書館や、クジラの骨や土器にさわれる郷土資料館にも背広姿が実に多い。

 桜田通りに出ると東京タワーがよく見える。慶応大学近くの老舗和菓子店、大坂家へ。初代の娘は、芭蕉の孫弟子、秋色。講談にも語られる“江戸のアイド ル”で、描かれた錦絵が店内を彩る。「街も人も昔と変わりましたね。そこの慶応仲通りも、学生が集う雀荘が多く、先生に落第横町と呼ばれていた時代があっ たんですよ」と、18代目の倉本勝敏さん。

 その慶応仲通りでひときわ目を引くのが、木製ウインドーに慶応の詰め襟を飾る仕立屋の「佐藤繊維K.K.洋服部」。「建物は創業した昭和2年のままで す。昔は学生が授業をぬけて制服にアイロンをかけに来たり、のんびりしたものでした」とすそ上げの手を休め、3代目の佐藤能三さん夫婦が懐かしむ。

 「会話は携帯やメールですむ時代。学生の気質も店もすっかり変わりました」と話すのは喫茶ペナントの海帆秀幸さん。だが、会社員の飲食店街と化した今も、この店は慶応の運動部や落研のたまり場。学生とマスターが語らい、古き良き学生街の時を刻み続けていた。(武居智子)



(電話)
★港郷土資料館 03(3452)4966 ★大坂家 (3451)7465 ★佐藤繊維K.K.洋服部 (3451)2543 ★ペナント (3452)0226 ★田町大人のハンバーグ (3451)4337

2010年4月17日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。