平河町(ひらかわちょう)・隼町(はやぶさちょう)
◆東京メトロ半蔵門線半蔵門駅、有楽町線麹町駅下車

平河町・隼町マップ
心躍るビルの谷間

 平河町、隼町には不思議な光景が隠れている。どっしり構える国立劇場の裏には細い道が入り組み、その上を高速道路が横切り、国立演芸場のちょうちんが並ぶ。思わず「ここはどこ?」とつぶやく。国立劇場伝統芸能情報館は穴場スポット。演劇関係の図書約23万冊収蔵、約5000冊を開架しているほか展示コー ナーもある。現在は企画展示「歌舞伎俳優養成40年の歩み」を開催中。歌舞伎養成所の研修風景の映像や衣装など、普段はなかなか見ることのできない展示が 興味深い。

 周辺を歩くと時折一軒家に出合い、建物に囲まれて平河天満宮がたたずむ。 ビル街の一角、シャレー栄陽堂は明治19年創業。和菓子と洋菓子を製造・販売する。流行を取り入れたケーキも製造するが「いつも決まった商品を買いに来る お客さまがいらっしゃるので、昔からの商品はやめられません」とシェフパティシエの西村一行さん。

 ジャズスポットパコはライブも行う小さなバーで元平河町OLの関 口陽子さんが切り盛りする。「ママと呼ばれるのは苦手だけれど、この街のお客さまとの会は楽しい」とほほえむ。店を出て見上げれば高層ビル。街を歩いた 後、ビルの方に違和感を覚える自分がいた。(池沢なつ)



(電話)
★国立劇場、国立劇場伝統芸能情報館、国立演芸場 03(3265)7411 ★シャレー栄陽堂(3262)1300 ★ジャズスポットパコ(3221)1780 ★麹町カフェ(3237)3434 ★ミニカーギャラリーPIT永田町店(3264)7498

2010年11月6日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。