行人坂(ぎょうにんざか)
JR山手線、東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線、東急目黒線目黒駅下車
行人坂 マップ
園内に古来の自然

 国立自然教育園は中世以降、屋敷地でもあったが、古来の自然が残り、天然記念物および史跡に指定されている。色とりどりの落ち葉が舞う林を下ると、湿地が広がり、コサギが羽を休めていた。副園長の石川昇さんは「ここでは倒木もそのまま。多様な生物が共生する東京の昔を見ることができます」と話す。赤い実がなる低木もマンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウ…と種類豊かで、名前を知るのが楽しくなる。
 目黒駅の西側は、日本初の衣裳(いしょう)博物館など杉野学園の建物が並ぶ通称「ドレメ通り」のあたりから目黒川へと一気に下る。その斜面にたつ目黒雅叙園では「昭和の竜宮城」と呼ばれた木造館を展覧会場として公開中。百段階段と、鏑木清方などの画家や彫刻家が手がけた趣の違う豪華な個室は圧巻だ。ふすまや天井には植物も多く描かれている。
 地元で長く愛される名菓の店、玉川屋やウエストをたずね、最後はとんかつの名店、とんきへ。清潔感あふれるヒノキのカウンターに囲まれた板場の人々の、衣をつけて揚げ、サクッサクッと切るリズミカルな動きや、おかわりなどへの目配り、そして笑顔とあいさつが美しい。食べる前から顔がほころび、心満たされた。(武居智子)

(電話)

★国立科学博物館付属自然教育園 03(3441)7176  ★杉野学園衣裳博物館(6910)4413  ★目黒雅叙園(3491)4111  ★玉川屋駅前店(3442)9158  ★ウエスト(3493)6778  ★とんき(3491)9928

2011年12月24日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。