水元(みずもと)
JR常磐線金町駅、京成線京成成金町駅下車
水元 マップ
水辺の季節感 肌で

 水元公園のバス停で降りサクラ並木の堤を越えると、大空と輝く水辺が広がる。北側にはメタセコイアの森があり、奥の野鳥保護区ではカワウやアオサギが群れ、オオタカも悠々と羽を広げていた。

 水質浄化施設でもある水元かわせみの里には自然観察員が常駐し、生き物の記録や情報も充実している。裏には明治にできた水門も残り、見ていると元大工の公園ボランティア加藤実さんが、図書館で集めた資料をリュックから出して昔の様子を話してくれた。「公園も田んぼで家はかやぶき。大場川ではシジミも採ったよ。ガキのころは水門の堰(せき)板を外したり、いたずらばかりで…」。世話になった人たちへの恩返しのつもりで、来園者に声をかけているという。

 周囲は畑が残る住宅地だが、店自体も味わい深いコーヒー店達磨堂や、剪画(せんが)の一日体験もできる剪画アート&スペースもある。一昨年カフェhannariを開いた京都出身の甲田瑞枝さんは「季節を肌で感じられる土地で人のつながりも生まれ、理想の店に育っています」と話す。亀有や柴又から自転車で来た常連に薦められ自家製酵母のピザを注文した。やさしい味と楽しい会話が冷えた体を温めてくれた。(武居智子)

(電話)

★水元公園サービスセンター 03(3607)8321  ★葛飾区教育資料館(3607)5569  ★達磨堂(3609)4497  ★剪画アート&スペース(5648)7075  ★4seasons cafe hannari(6715)0109

2012年1月28日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。