蒲田(かまた)
JR京浜東北線蒲田、京急線京急蒲田駅下車
蒲田 マップ
感謝包むギョーザ

 モダンな街から産業の街へと発展した歴史を持つ蒲田。今は区民ホールとビルが立つ松竹キネマの撮影所跡も高砂香料工業の工場だった。駅周辺の商店街は連続テレビ小説「梅ちゃん先生」ののぼりを掲げ、戦後復興期の蒲田が舞台のドラマを盛り上げている。
 田宮履物店の田宮惟吉さんは梅ちゃんと同世代。戦中は羽田の軍需工場に動員され、上の兄は出兵。戦後は新潟鉄工所の仮教室で学び、夏は砂利運びに汗を流した。「でもつらいといった言葉はなかったね。当たり前だったから」。下の兄が医師になり自ら後継ぎに。店の棚にはサンダルやげたが行儀よく並ぶ。  一力商店の柴原正昭さんは「開業した昭和30年ごろもバラックばかりで木造駅舎が見えた」と話す。工員相手の立ち飲みでも繁盛したが、今はワインを充実し自作の油絵を飾る。
 羽根付きギョーザの元祖、ニイハオの八木功さんは中国育ち。戦後別れた父に招かれ45歳で来日。街の人への感謝から支店を広げる。タレなしでおいしい手作りの味にこだわり店で陣頭指揮をとる。  街の古い写真やジオラマを展示した「蒲田 いまと昔」展は明日まで。昔もいまも、街の人のために働く人々の姿が街を輝かせていた。(武居智子)

(電話)

★大田区民ホール・アプリコ 03(5744)1600  ★大田区産業経済部観光課(3733)6190  ★田宮履物店(3731)0382  ★谷口商店(3735)0123  ★ 一力商店(3732)3541  ★大真食器(3731)2002  ★ニイハオ(3734)2180  ★てん屋(3730)1234  ★かまた帽子工房(3737)0157  ★ まやんち(6276)1667

2012年5月5日(土曜日)掲載分

上記は情報が変更されている場合がございます。ご了承ください。