東京新聞販売店

今月の販売店

File No.006

東京新聞沼田販売店
おちあい新聞店


住 所 群馬県沼田市材木町1176-3
電 話 0278-23-0330
F A X 0278-22-2918


プロフィール
落合 裕子さん
二代目に当たる父親の後を継ぐ形で、約7年前におちあい新聞店の所長に就任。販売店の店主では数少ない女性所長として、沼田の地で創業から100年近くの歴史を誇る老舗店舗を支えている。

落合 裕子さん

“心のサービス”の質を高めていきたい

「50年近くも父がトップとして切り盛りしていたお店だったので、その後を受けるのは少々大変な面もありました。若い頃は販売店の仕事を手伝うことも多く、業務自体に馴染みはあったのですが、従業員からしてみれば急に知らない人がやってきたようなものなので、かなり不安に感じていたと思います。考え方がぶつかり合うことも多くて、男性従業員相手に本気で喧嘩をしたこともありましたね(笑)。」
 自身と従業員の互いに手探りな状況下で、当初は苦労が絶えなかったとのこと。そんな中、どのようにして信頼関係を深めていったのでしょうか。
「まず相手の声をきちんと受け止め、その上でこちらの想いや考えを伝えるということを強く意識するようになりました。私自身ついカッとなってしまう面があるので、そういった部分を極力抑えながら、じっくり相手と向き合おうと。そう心がけていく内に、従業員の方とも建設的なコミュニケーションが取れるようになっていったように思います。やはり従業員が元気よく働けるのが一番なので、そのための環境づくりには今後も継続して力を入れていきたいですね。」
 言葉の端々から従業員の方への思い入れが伝わってくる落合さん。最後に、沼田の地で長年愛されている老舗販売店としての心構えについて伺いました。
「住民の皆さんから『この地域にあってよかった』と思っていただけるような販売店でありたいですね。そのためにはお客様と直に接する従業員の人間性をどれだけ高められるかが大切になると思うんです。お客様との何気ないやり取り一つを取っても、常に気持ちの良い対応をすることを忘れないようにして、一人ひとりの従業員がお客様に対しての“心のサービス”の質を向上させていけるように努力していきたいですね。」

支店のスタッフも含めると総勢100名を越える大所帯。この日は本店にお邪魔したのですが、従業員の方々のにこやかな雰囲気がとても印象的でした。
こちらは月2回発行しているタウン誌「マイタウンたにがわ」と、毎月配信している特製カレンダー。地域の街情報やイベント情報が網羅されていて、地元の方の必須メディアと言っても過言ではない存在です。

まるで学校の教室のような大きさを誇る、紙分け場。販売店として担当しているエリアが広範囲に渡っているため、大量の新聞と折込チラシがこちらで仕分けられています。

沼田の魅力田舎ならではの魅力に溢れた街

人と人との距離感の近さなど、田舎ならではの良さが凝縮した温かい街だと思います。最近は大河ドラマ「真田丸」の影響でメディアに取り上げられる機会が多くなり、観光客の数も増えているので、街全体がとても活気づいてきていますね。日本百名山の一つである、谷川岳へ登山にいらっしゃる方も多いです。

ご当地3大レジャー

■レイクカヌー

支店のある水上周辺はレジャーがとても盛んなエリアで、近年特に流行っているのはレイクカヌー。カヌーと聞くと少々ハードルが高く感じそうですが、レイクカヌーは流れや大きな波などの無い湖上を安定性に優れた2人乗りのカヤックで下るので、お子さんや高齢者の方でも安心して気軽に楽しめますよ。

レイクウォーク
http://www.lakewalk.jp/
群馬県利根郡みなかみ町大穴 142-1
0278-72-2870

■ラフティング

ラフティングとは、ラフトというゴムボートに乗って川を下るウォータースポーツのことで、関東の「水がめ」としても有名な“利根川”で楽しむことができますよ。国内最高級のラフティングスポットと評されるほどの水量と激流を誇っているので、わざわざ遠方から出向かれる方も多いそうです。

フォレスト&ウォーター
http://www.fw-raft.com/minakami/
群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽191-12
0278-72-8017

■バンジージャンプ

橋桁から地上に向かってダイブする“橋バンジー”が楽しめる場所としても水上は有名です。本格的なバンジージャンプが体験できる定番スポットとして常に賑わっていて、テレビの取材なども度々訪れていますよ。高さ42メートルの諏訪峡大橋からの大ジャンプは凄まじいスリルを味わえるそうなので、ぜひチャレンジしてみてください!

バンジージャパン
http://www.bungyjapan.com/
群馬県利根郡みなかみ町小日向200
0278-72-8133

【番外編】沼田城址公園

戦国時代後期から江戸時代初期にかけて真田家の沼田領支配の拠点として機能した沼田城の城址公園です。大河ドラマの影響もあり観光の方も多くいらっしゃいますが、綺麗に整備された花壇にお散歩コースや運動場もあるので、地域住民の憩いの場としても親しまれています。写真は今年新たに設置された、真田信之と妻の小松姫の石像です。

群馬県沼田市西倉内町594 沼田公園
0278-23-2111