ほっとWebHOME > 東京新聞販売店 > 足利新聞販売
吉野町専売所

File No.18 株式会社 足利新聞販売

株式会社 足利新聞販売
♦住所 栃木県足利市通 2-15-16
♦電話 0284-41-2651
♦FAX 0284-42-9652

プロフィール 島田泰史(しまだ ひろし)さん

生まれは東京、育ちは宇都宮市と高崎市。家族全員が新聞の販売に携わっている環境で育ち、気づけば自身も同じ業界へと足を踏み入れていたという。生まれは東京なれど、渡良瀬川からの景観に惚れ込み、足利の販売店を継ぐことになった。
神立暢弘
慣例や常識に捕らわれず、世間の流れに適応できるかどうかが大切。
  足利新聞販売の島田泰史さんは、新聞の販売に携わるご家族のもとで過ごされたそうですが、意外や初めは全く興味を惹かれなかったと言います。それが一転して、販売店の店主になったきっかけは何だったのでしょう?
 「昔の販売店の店主って、なぜか羽振りがよくみえたんですよ。そんなに儲かるならやってみようかな?なんて浅はかな考えで始めたのがきっかけなんです。ところが、いざ自分がなってみると、思っていたものとは随分違いますね…。時代も違いますし、新聞業界全体が新聞を販売していくことが難しいというのが現状です。だからこそ、これまでの業界内での常識や慣例に従っていたのではダメになってしまう!という危機感をもって臨んでいます。」
 厳しいといわれる新聞業界。続けることの難しさを体感されているそうですが、普段は何を心がけているのでしょう?「やっぱり隠し事をしないということだと思います。その場しのぎをしない。スタッフに対しても読者の方に対しても、誠実に向き合うことが第一です。それとスタッフに対しては、プロとしての意識を持つよう働きかけています。例えアルバイトであっても、お金を受け取る以上はプロと変わりありませんから。それもあって数年前の大雪のときでも、誰もが諦めずに配達をやり遂げてくれました。正直、すごくありがたかったですね。あのとき、本当は『もうやめてもいいよ』と言ってあげたかった。でも立場上言うことは出来ないわけですから、嬉しいけれど歯がゆさも感じましたね。」
長い歴史と文化を育んできたという誇り高き街。
 足利は足利氏発祥の地という長い歴史を持つ街ですから、地元意識が強いのが特徴です。なので、外から来るものや新しいものに対して抵抗感がある反面、中に入ってしまうとみなさんが優しいという一面もあります。
 由緒ある史跡がたくさんあるせいか、住民の文化的意識も高い方ではないでしょうか。街のなかにギャラリーが沢山あるというのも、足利らしい街並みだと思います。
 目立つものはなくても、実は見どころは沢山あるので、是非一度訪れてみて欲しいですね。
 僕は当時としては珍しく、この場所に何の縁もなく販売店を引き継ぎました。それを引き受けたきっかけは、この街の景観なんです。歌手の森高千里さんが歌われている「渡良瀬橋」という曲がありますけど、その橋がかかる渡良瀬川の向こうからこの街を眺めたときに決心しました。実は歌に出てくる「渡良瀬橋」は主に車用の橋ですから、そこから景色を眺めるものではないんですけどね ( 笑)。
  • 島田さんが移住を決意するきっかけとなった、渡良瀬川から市内中央を臨んだ景観。

  • 創立10周年新年会での記念撮影。地元を大切にする人たちだからこそ、結束は強い。

  • 仕事の話の時とは一変して、街の魅力を語る時は、やさしい表情となる島田さん。

販売店主のオススメ3大注目スポット
「史跡足利学校跡」
日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は大正 10 年に国の史跡に指定されています。現在の姿は落雷により消失してしまった江戸時代の姿を復元し、当時の学徒がどのようなところで勉強していたのかを、見学できるように一般開放されています。

栃木県足利市昌平町 2338
0284-41-2655
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/
販売店主のオススメ浅草3大見どころ 史跡足利学校跡
「鑁阿寺(ばんなじ)」
源姓足利氏2代目義兼が建久7年(1196 年)邸内に持仏堂を建て、守り本尊として大日如来を祭ったのが始まりで、3代目義氏が堂塔伽藍 ( がらん ) を建立し足利一門の氏寺としました。大正 11 年3月、「足利氏宅跡」として国の史跡に指定されています。

栃木県足利市家富町 2220
0284-41-2627
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikaga-kankou/i-bannaji.html
販売店主のオススメ浅草3大見どころ 鑁阿寺(ばんなじ)
「足利織姫神社」
1200 年以上の伝統と歴史をもつ足利織物の守り神で、織姫山の中腹に建つ朱塗りの美しい神殿は足利名勝のひとつとされています。美少女キャラを使用するなど、意欲的に活動していて「恋人の聖地」にも認定された人気デートスポットです。「日本夜景遺産」や「日本百名月」にも認定されています。

栃木県足利市迫間町 607 
0284-91-4939
http://www.orihimejinjya.com/
販売店主のオススメ浅草3大見どころ 足利織姫神社