吉野町専売所

File No.20 東京新聞 押上あずま専売所 佐野新聞店

東京新聞 押上あずま専売所 佐野新聞店
♦住所 東京都墨田区立花 1-23-2 サンタウン立花 105
♦電話 03-6657-2168
♦FAX 03-6657-2178

プロフィール 佐野 勉(さの つとむ)さん

桐箪笥のメーカーを退職したのち、パートとして 2012年から販売店で勤務。同年に新聞社の管理店を引き継いだ佐野さん。業界歴1年未満で経営者に転身を果たした、異色の販売店主。金魚や亀といった小動物をこよなく愛する、心優しき男。
栗原秀起
業界経験1年未満で、サラリーマンから経営者へ転身
 立花に在住で、以前はメーカーに勤務していたという、販売店主としては異色の経歴をもつ佐野 勉さん。メーカーを退職した後に、当時は新聞社の管理店であった押上あずま専売所にパートとして勤務され、1 年も経たずにパートから店主へと抜擢されました。 お話しだけ伺うと、非常に順調なサクセスストーリーのように聞こえますが、実際のところはどうなのでしょう?  「正直、最初は迷いましたよ。パートとして勤務して、実務に関しては一通り把握できていましたけど、何せ 1 年も経っていない業界のド新人ですからね…。とはいえ、熱心に声をかけていただいたので、最終的に本社の担当さんの熱意に負けてお請けすることにしたんです。 ただ、これまでのサラリーマンから経営者になるということの大変さは、想像以上のものがありました。経営者としての経験は皆無ですから、勉強するべきものがたくさんあり過ぎて(笑)。 とくに経理上のものが難しかったですね。労務や税務に関することなどは、本社の担当さんに相当ご迷惑をおかけしたと思います。」  お店を継がれたとき、従業員の方も一緒に引き継がれたそうですが、かつての同僚が自分の従業員になるという立場の違いは、どう意識されましたか?  「スタッフに対しては、雇用者と被雇用者というイメージは持たずに接しています。もともと一緒にやってきた仲間ですし、経営者にはできないことを代わりにやってもらっている、という意識ですね。」  それでは、経営者としてお客様への対応について心がけたことは何でしょう?  「言葉にすると陳腐に聞こえますけど、"お客様の満足度第一"ということ。私は新聞が定時に定位置に配達されるということは、最低条件だと思うんです。それ以上の何かプラスαが必要だと考えました。 例えば新聞の折り方を統一したり、配達の際になるべく音を立てないよう配慮したり。朝刊の配達は早朝ですから、就寝中の方を起こしてしまわないように心がけています。 細かい配慮かもしれませんが、こういったことの積み重ねこそが、お客様の満足度につながると信じているんです。」
新旧の街並みが共存する押上は、義理人情に厚い人たちに支えられている。
 スカイツリーが建設されたことで、一躍観光地として人気を博した押上エリア。この街に根付いた活動をつづける販売店主からみて、どんな魅力があるのでしょうか?  「いろんな景観が楽しめるというところですね。例えば京島あたりは、昔ながらの街並みが今も色濃く残るエリアです。近年は再開発で減ってきてはいますけど、木造の長屋など昭和の懐かしい雰囲気が楽しめます。  スカイツリーのソラマチでは、対象的に最新の流行を取り入れた街並みですよね。 新しいものと古いものが共存しているし、外国からの観光客も多く訪れてくれるので、活気のある街だと思います。  もちろん、観光だけでなく、生活する上でも便利な街ですよ。地元の方たちは下町気質な人が多いので、義理と人情に厚いエリアなんです。 ですから、うちの販売店でもミニコミ誌を制作して、なるべくお客様とのコミュニケーションを密にとれるよう配慮しています。とくにミニコミ誌に掲載するパズルの問題は、とても良い評判をいただいています! こういう声をいただけるのは、とてもうれしいですよね。」
  • 下町気質の強い地元では、コミュニケーションを密にとることと、細かい気遣いを求められる。

  • 販売店を引き継いだときからのスタッフも多く、以心伝心で多くを語らなくても通じ合う仲。

  • ミニコミ誌に掲載される懸賞付きのパズル問題。これが目的のお客様もいるのだとか。

販売店主のオススメ3大注目スポット
「東京ソラマチ」
スカイツリーが建築されたことで街並みは一新されて、外国人観光客も多く訪れる人気スポットとなりました。日本で最も高い展望台はもちろん、タワーの麓に展開されているソラマチは、お洒落な飲食店やお土産屋さんもたくさんあるので、ぜひ一度は訪れてもらいたいスポットです!

東京都墨田区押上 1-1-2
0570-550-102(東武鉄道)
販売店主のオススメ浅草3大見どころ 東京ソラマチ
「旧中川水辺公園」
旧中川沿いをキレイに舗装した遊歩道を含む公園で、桜の名所として地元の人たちに愛されています。桜のシーズンでなくても、川と橋をからめたスカイツリーを眺められる景観は、必見の価値ありです。スカイツリーを訪れるのなら、ここも忘れずに立ち寄って見てください。

東京都墨田区立花3丁目周辺
03-5608-1111
販売店主のオススメ浅草3大見どころ 旧中川水辺公園
「立花大正民家園(旧小山家住宅)」
本当に地元の人しか知らないような、古民家園です。別に豪邸というわけでもないし、特別な造りをしているわけでもないのですが、大正時代の味わい深い古民家と、小さいながらも趣のある庭を楽しむことができます。私は季節ごとに必ず訪れているほどのお気に入りスポットです。機会があれば是非!

東京都墨田区立花 6-13-17
03-3611-4518
販売店主のオススメ浅草3大見どころ 立花大正民家園(旧小山家住宅)