ほっとWebHOME > 東京新聞販売店 > 高円寺南専売所
  • File
    No.26
  • 東京新聞 高円寺南専売所

  • 東京新聞
    高円寺南専売所
    【住所】東京都杉並区堀ノ内 3-14-16
    【電話】03-3313-8419
    【FAX】03-3311-4022
    所長鈴木 啓介さん
    16才で販売店に就職し、30才の時に蓮沼で独立を果たす。蓮沼を皮切りに柴又、現在の高円寺南に移り、成長を続けている所長。徹底した "読者ファースト" の精神を掲げ、 どのエリアに於いても確実に実績を残している。
  • ちょうかんぬ
  • 従業員を14年、所長を10年と
    経験豊富な鈴木さんに
    双方の仕事の違いを伺ったわ
 一社員だったころはお店を滞りなくまわすことが第一で、所長が定めた目標に向かって配達や営業などをしっかり積み重ねていくことが仕事でした。
 しかし自分が所長になってみると、まず自分で考えて目標を設定しなければならないし、それを従業員に理解してもらい 、自分の分身として動いてもらわなければならない。これまでとは全く別の仕事だと痛感させられました。特に人間関係にはこれまで以上に気を遣うようになったと思います。
 例えば、お客さまとの信頼関係について。お客さまは大勢いらっしゃいますが、一対一の人間関係を築いていくため、「こうして欲しい」という要望には、可能な限り応えていくというのがぼくのやり方です。傍からみると、ちょっとやりすぎと思われるくらいかもしれませんね。
 従業員との関係ということで言えば、うちには現在17人の社員がいるのですが、僕が会社にいることで自粛されてしまうような人間関係は嫌で、逆に「所長最近来ないな」「さびしいな」と思ってもらえるように頑張っています。お店は彼らと一緒に作っていくもの。所長になってからいろいろな方とお話をさせていただく機会が増え、なるほどと思わされることもたくさんありました。それをそのまま仕事に落とし込むのではなく、自分なりにかみ砕き、スタッフみんなと相談をして、 全員が納得する形で生かせるように心がけています。自分たちで考え、納得したものは、"与えられ た仕事" という認識にはなりません。あくまで、全員が当事者であること。そういった意識を持てる環境作りも、僕の仕事なんだと思います。
  • ちょうかんぬ
  • コミュニケーションをとても大切に、
    時に戦略的に組み立てている
    鈴木さんの今後の目標は?
 蓮沼ではじめて所長になったときから、目指すところはひとつ。『日本一の販 売店』になろうと公言しています。これに同意して、僕が移動になるたびに社員は家族とともに付いてきてくれました。それだけに大きな責任を感じますし、なんとしても達成してやろうという野心も湧いてきます。 これまで住んでいた街を離れて、新しいお店のためについてきてくれた社員たちは、もう家族の一員といっても過言ではありません。お店というよりも"村"に近いくらい親密な関係を築いているので、その結束の固さを強みに、よりよいサービスを提供できるよう、日々精進しています。とはいえ、あまりに親しい関係は、時にある種の閉塞感を生み出してしまうことも事実です。ですから、ある程度の風通しの良さにも気をつけています。 そしてもう一つ、所長という立場としての目標ですが、僕についてきてくれるスタッフのためにできることをしてあげたいという思いが強くあります。
 特に自分自身が従業員だったころに、手取り足取り教わって独立させてもらったという経緯があります。当時の僕がしてもらったことを、いまのスタッフにもしてあげたい。社員の中にはいずれ独立したいという者もいるので、その手助けをしてあげたいですね。この二つが今の自分の目標です。
  • 柔和な口調と人懐こい笑顔とは裏腹に、大きな目標を打ち立てる鈴木さん

  • 和気あいあいとした雰囲気から、その結束力の強さが感じ取れる集合写真。

    よく整頓された販売所内に掲げられた、今年度の行動指針。几帳面な鈴木さんの人柄が反映されています。

  • ちょうかんぬ
  • ところで高円寺というと
    阿波踊りのイメージが強いけれど
    高円寺南ってどんなところ?
 このエリアは古くからある閑静な住宅街で、昔から住まわれている方がいらっしゃるため比較的年齢層が高いことと、学校がたくさんあるのでファミリー層も多いことが特徴です。
 そのためか、筋道立った説明でなければ 納得されないお客さまや、それは法的に大丈夫なの?といった心配をされる方もいらして、下町の勤務地からこちらに移ってきた当初は雰囲気の違いに驚きました。どの方も疑問に思われたことはとことん話を聞き、商品をしっかり吟味されているように感じます。感情よりも理論を優先させて動かれる方が多いイメージです。営業をかける身としては、商品やサービ スに根拠を求められるので、こちらもきちんと調べ てお話をさせていただくことになり、とても勉強になります。総じて教育熱心で、お子さんにも良いものに触れさせたいという方が多い土地柄ではないでしょうか ?
 とはいいつつもお祭りへの参加率も高く、みんでワイワイ騒ぐことも厭わないので、義理や人情という精神も持ち合わせた楽しい街だと思います。
チョウカンヌ
東京新聞の次世代研究所で生まれたキャラクター。身も心も新聞でできていて、いろんなことに興味津々。よく「顔が広いですね(面積的に)」と言われ、自分でもそこは気に入ってる。「ユウカンヌ」という名前の妹がいる。

オススメ3大スポット

■堀之内 妙法寺

  • 【住所】東京都杉並区堀之内 3-48-8
    【電話】03-3313-6241
    【URL】http://www.yakuyoke.or.jp/
    江戸のころから厄除けのお寺として全国的に知られ、『堀之内のおそっさま』と親しまれて多くの参詣者を迎えてきた妙法寺。祖師堂に安置されている日蓮大聖人像、通称「除厄け祖師」によって、境内に入るだけで厄除けのご利益があるといいます。

■高円寺ルック商店街

  • 【住所】東京都 杉並区 高円寺南周辺
    青梅街道とパル商店街をつなぐ高円寺ルック商店街は、かわいらしいカフェやたくさんの古着屋が集まる高円寺の隠れた名所。個性豊かなお店が約 150 軒ほど立ち並び、のんびりと散策しながら気になるお店を探してみるのも楽しいエリアとなっています。

■和田堀公園

  • 【住所】東京都杉並区大宮2丁目
    善福寺川に沿って広がる、緑深い都立公園。和田堀池はカワセミが生息する都内で数少ない場所となっているほか、クヌギやナラの自然林が残る済美山地区は野鳥観察地としても人気があり、春には桜も咲くとあって、遠方からも観光客が訪れます。