• File
    No.35
  • 東京新聞 音羽専売所

  • 東京新聞
    音羽専売所
    【住所】 東京都文京区音羽1-22-18
        東急ドエルアルス音羽Ⅱ103
    【電話】 03-3943-4715
    【FAX】 03-3943-4715
    所長 易 浩康 さん
    地元の青年会会長や商店会の企画運営まで広く深い活動を展開する易さん。異色といえるほど精力的な店主は、一体どんなことを考えているのか。
  • ちょうかんぬ
  • 販売店を始めたきっかけから、
    まずはお話を聞かせていただけるかしら?
 親父がこの仕事をしていたので小さいころから手伝いをさせられていましたが、継ぐ気はさらさらありませんでした。就職活動も普通にして、無事就職先も決まり、何事もなければそのまま会社勤めをしていたと思います。
 ところが、いざ入社というときに販売店の人手が大幅に不足してしまったんです。仕方なく、本当にいやいやながら(笑)とはいえ家業を潰してしまうのも……ということで、結局就職を諦めて販売店に入りました。当時は今よりずっと拘束時間が長く、寝る時間もないほどだったので自分の時間もとれない生活が続きました。
 そんな経験もあって、自分が店主となってからはもっと働きやすい環境に変えていくことが必要だと考えるようになりましたね。加えて、昨今はいわゆる『働き方改革』も声高に叫ばれるようになって、行政からも経営者の努力を強く求められるので、福利厚生の面を中心に少しずつですが着々と改善を進めています。
  • ちょうかんぬ
  • 取材陣に開口一番
    「早く帰れよ!」といいながらも、
    笑顔でお茶を用意してくれる易さん。
    従業員やお客様との向き合い方は?
 従業員がいま何を考えているのか、を常に考えています。人の心を読むのが得意なので(笑)。こういうことは嫌がっているなとか、気持ちを読み取ってそれぞれの仕事に生かしていく。
 お客様について言えば、既にお客様になってくださっている方を大事にするのは当たり前のこと。それはそれとして、どうやってお客様を増やしていくかということも考えていかなければならない。ただでさえ新聞を読む方が減っているご時世なので、販売店を続けていこうと思うのであれば欠かせない努力です。まだ新聞を取られていない方ともよく交流し、話を聞き、付き合いを深めることでいずれ購読につながるよう、根気よく営業活動を続けています。
 販売店所長というのは、お客様に対しても、新聞社に対しても営業をする立場なんだ、というのが持論です。うちにはうちの方針があり、会社の方針もあり、お客様の都合もある。その中でうまく舵取りをして、従業員を守る。それが所長の仕事だと思います。だから、ぼくはこの仕事が『嫌い』ですね。好きすぎると近眼になってバランスを崩してしまうので(笑)。
  • 易さんの強弱をつけた言葉選びと独特の語り口は、周囲を自分のペースに巻き込む魅力となっている。

  • 時折雪の降る寒さの中、撮影に協力してくださった従業員の皆さん。てきぱきと動く様子が印象的だった。

  • エリアはずれにある所長お気に入りの居酒屋『おがわ』。

  • ちょうかんぬ
  • 易さんは生まれも育ちも音羽だそう。
    地元とのかかわりと、この街について教えてもらったわ。
 音羽というのは昔から講談社という大きな出版社のお膝元で、商売の面でもそれ以外の面でも講談社とは切っても切れない関係にある街です。地元で行う子供まつりなどのイベントのバックアップに入ってもらったりもしています。
 文京区には学校が多いということで自分の子供と住むために戻ってくることが多く、ファミリー向けマンションの建築ラッシュを迎えています。この先、世帯数はまだまだ増えると思いますよ。
 住人の気質も穏やかながら、通りで出会えば挨拶を交わす気安さもあって、商売もやりやすいのではないでしょうか。一住人として青年会・商店会の運営に携わり、たくさんの方と触れ合う機会を得ていますが、ここは本当にいい街だなぁと日々感じています。
チョウカンヌ
東京新聞の次世代研究所で生まれたキャラクター。身も心も新聞でできていて、いろんなことに興味津々。よく「顔が広いですね(面積的に)」と言われ、自分でもそこは気に入ってる。「ユウカンヌ」という名前の妹がいる。

オススメ3大スポット

■鳩山会館

  • 【住所】東京都文京区音羽1丁目7-1
    【TEL】03-5976-2800
    内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の私邸として建設され、現在は一般公開されている洋館。通称『音羽御殿』。鳥をモチーフとした装飾が特徴で、大正時代の面影を残した英国風の邸宅や四季の花が彩る庭園は大変美しく、ドラマや雑誌の撮影も行われています。

■護国寺

  • 【住所】東京都文京区大塚5丁目40-1
    【TEL】03-3941-0764
    1681年に創建された真言宗豊山派の寺。本堂が重要文化財に指定されているほか、滋賀県園城寺から移築された月光殿や絹本著色尊勝曼荼羅図など多くの重要文化財を有しています。大隈重信をはじめ多数の著名人が眠る墓地があることでも知られています。

■椿山荘

  • 【住所】東京都文京区関口2丁目10-8
    【TEL】】03-3943-1111
    都内指折りの結婚式場として馴染みのある椿山荘は、南北朝時代から椿が自生し『つばきやま』と呼ばれる景勝地でした。山縣有朋が1878年に買い取り、自然を生かした庭園と屋敷をつくって『椿山荘』と名付けたことがホテル椿山荘東京のルーツとなっています。

■酒・肴・家庭料理 おがわ

  • 【住所】東京都文京区音羽2丁目11-19
    【TEL】03-3942-0537
    護国寺門前に構える家庭料理のお店。易さんも来客があるとここに連れていくという、お墨付きの飲み屋さんです。
上へ戻る