ほっとWebHOME > 東京新聞販売店 > 板橋本町販売所
  • File
    No.36
  • 東京新聞 板橋本町販売所

  • 東京新聞
    板橋本町販売所
    【住所】 東京都板橋区清水町29-5
    【電話】 0120-026-554
    所長 元木 良さん
    親から引き継いだ販売店の仕事について「継いだのは父が楽しそうに仕事をしていたから」と語り、どんな質問にも笑顔で答える元木さん。楽しむことが上手な元木さんに、常にポジティブでいるための秘訣を伺った。
  • ちょうかんぬ
  • お父さんの手伝いで
    こどものころから親しんできた販売店。
    自分が店主となってみてどう?
 父の仕事ぶりを見ていて、なんだか楽しそうだなとずっと思っていました。手伝いもかなり色々としていましたが、やりがいのある仕事だし面白そう、ということで家業を継いだんです。
 ただ、お店を自分で持つようになって大変な側面も見えてきましたね。わたしの場合、特に苦労したのは人手不足です。入ってきた従業員が長続きせず、すぐに辞めてしまったりして安定しない。人が足りなくても仕事の量は変わらないので、そんな時は自分の仕事量を増やしてカバーするしかありません。一度安定しても、欠員がでるとまた皺寄せが発生して、不安定な状況に戻ってしまいがちです。
 長く働いてもらうにはどうしたらいいのか、みんなが気持ちよく働ける職場をどうつくったらいいのかを考え、「ほめる」にたどり着きました。
 例えば不着。起きてしまったミスを叱ったり怒ったりするのではなく、普段の仕事の中でミスが起きていないことをほめます。ほめられれば誰だって嬉しいですし、その状態を続けようと自分自身で気を付けると思うんです。
 とはいえ、どれだけ気を付けていてもミスはどこかで起きるもの。そういう時は怒るのではなく、どうしたら同じミスを防げるのか話をするようにしています。
  • ちょうかんぬ
  • いいところを見つけてくれる上司って
    職場の雰囲気も明るくなりそう。
    お客様とのかかわりはどうかしら?
 立場上、日々の配達でお客様とお会いすることはありません。私が出ていくのは、基本的にはクレーム対応の時です。だから、相手が怒っているところに乗り込まなくちゃいけない(笑)。
 なにについて怒っているのかはお客様一人ひとりばらばらなので、しっかりと話を聞くことを心掛けています。不満に感じられている部分をどう解消するか、的確な提案ができれば最後は笑って許してくださることも多いです。ただ、どれだけ真摯に対応してもうまくいかないこともあります。だから、クレーム処理で出掛けていくのは正直怖いです。怖いので、お客様に笑っていただけた時には「勝ちました!」、残念ながらお許しいただけなかった日は「敗北です……」なんて、ちょっと茶化しながら自分を鼓舞しています。
 この先もお客様に選んでいただくためには、お客様目線に立って、自分ならどんなサービスがあるところを選ぶか考える必要があると考えています。その一つの回答として「しっかり話を聞いてくれる」ということも大切ではないでしょうか。お客様の満足度が高まり、何かあれば相談してもらえるようなつながりができたらいいなと思います。
 いろいろとお話をさせていただいているうちに親しくなって、集金の際にお米を30kgいただいてしまったなんてこともあり、驚いたのをよく覚えています(笑)。大変なことは大変ですが、やっぱり楽しい仕事だなと感じています。
  • 販売店の店先にある掲示板の中央に飾られた、東京五輪を目指す石川佳純選手の写真とサイン色紙。

  • 「ほめる」だけではなく、実際の働きやすさも大切にしている。男女別のトイレはその最たるもの。

  • 撮影を無理強いしない元木さんと、はにかみながらも応じてくれる従業員さんとのやりとりに良好な関係が伺える。

  • ちょうかんぬ
  • 商店街を歩いていると
    卓球選手のポスターをよく見かけるわね。
    板橋本町はどんなまち?
 もともと板橋区では卓球が盛んで、あちこちに練習場があり、区民にとってなじみ深いスポーツです。近くにオリンピック選手がトレーニングを行う味の素ナショナルトレーニングセンターがあることもあり、曙商店会でも卓球選手を応援しています。商店会でイベントがあるときには選手の皆さんもおいでくださるなど、色々と交流をさせていただいています。それで、あちこちにポスターを貼らせてもらっているんですよ。うちの店先にもいくつか写真があります。
 このまちは中山道沿いの宿場町なので歴史も古く、昔からこのあたりに住んでいる方が多いようです。みな付き合いやすくおしゃべり好きで、私はここにきてまだ一年半ですが、最初のご挨拶をさせていただいた時からもう気安く話ができてしまうほどでした。古い町並みは情緒もあるし、生活に必要なお店も大体揃っています。暮らしやすく、楽しい地域ですよ!
チョウカンヌ
東京新聞の次世代研究所で生まれたキャラクター。身も心も新聞でできていて、いろんなことに興味津々。よく「顔が広いですね(面積的に)」と言われ、自分でもそこは気に入ってる。「ユウカンヌ」という名前の妹がいる。

オススメ3大スポット

■石神井川の桜並木

  • 【住所】東京都板橋区中板橋ほか

    春になると石神井川の両岸に植えられた1000本を超える桜が咲き誇り、板橋区が選ぶ『板橋十景』にも選ばれた桜の名所。川沿いの道は桜のアーチで彩られ、橋を渡れば川を覆わんばかりの満開の桜を眺めることができるという、お花見の穴場スポットです。
  • 写真:竹内 英晴

■縁切榎

  • 【住所】東京都板橋区本町18-10


    板橋本町駅から旧中山道沿いに徒歩5分の場所にあるご神木。悪縁を断ち良縁を結ぶとして江戸時代から知られており、その効果は皇女和宮が降嫁の際にわざわざ迂回をしたという逸話が残されているほど。なお、絵馬は隣のお蕎麦屋さんで頒布されています。

■味の素ナショナルトレーニングセンター

【住所】東京都北区西が丘3-15-1(屋内トレーニングセンター)

国のスポーツ振興基本計画に基づき、国際競技力の総合的な向上を目的として作られた施設。球技や陸上競技をはじめとする様々なトレーニング場や宿泊施設を備え、オリンピック選手をはじめ、多くのトップアスリートが日々練習に励んでいます。

-番外編-
■中華 赤城屋

  • 【住所】東京都板橋区志村1-1-6
    【TEL】03-3969-0719
    【定休日】水曜日
    元木さんオススメの中華料理屋。場所は少し離れ『本蓮沼』駅になりますが、味はもちろん、「店長さんがとても面白いんですよ」とのこと。
上へ戻る