東京ほっとコラム


       1 |  2  |  3  | 次の5件

板橋区唯一の湧水公園

2015/12 レジャー・観光、名所(23区エリア / 板橋区)

板橋区には湧水地点がいくつかあります。そのうちの一箇所が見次公園です。湧水による大きな池があり、板橋区で唯一ボート遊びができ、釣りや水遊びもできるので家族で楽しめると思います。もちろん砂場やブランコ、滑り台といった遊具もあります。バスケットボール施設も隣接しており、老若男女を問わずたくさんの人が利用しています。
見次公園は広いですが、開放的で視界が開けているので目が届きやすく、昼間は多くの人が利用しているため安心して遊ぶことができます。また、緑が多く自然が豊かなので四季折々の景色が楽しめます。
公園からすぐ近くに駅やバス停があるので、遠方からお越しの際も交通の便がいいです。近所には温泉施設やショッピングセンターなどもあり、ゆったりとした休日を過ごすのにきっとぴったりでしょう。

(東京都 沼田碧海)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

お財布に優しい雑貨屋さん

2015/12 生活、暮らし、趣味(23区エリア / 板橋区)

板橋区の東武練馬駅にあるイオンの近くに、プッカープッカーという小さな雑貨屋さんがある。アクセサリーや入浴剤など様々な雑貨が揃っていて、若い人からお年寄りま
で客層は幅広い。とても気さくなおばさんが店頭にいて、好みの天然石をつなげて自分だけのブレスレットやピアスを作ってくれる。このお店の良い所は、材料費しか取らないため格安で作ることが出来る所だ。そして作業をしながらも色んな相談に乗ってくれたり、テスト前には効率のいい勉強方法なども教えてくれたりする。だからお店を出る時にはいつもスッキリしたきもちになれるのだ。
プッカープッカーは、一度行くと不思議と何時間も経っていることがあるくらい居心地のよい、何度も行きたくなるお店だ。火曜日は定休日だが基本的による7時頃までやっている。悩みごとがある人や友人のプレゼントに迷っているに、ぜひ足を運んでみて欲しい。素敵な時間を過ごせると思う。

(東京都 金子恵利香)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

仲宿のドジョウ流し

2011/10 行事・風物詩(23区エリア / 板橋区)

中山道仲宿で、子供達が各々に虫籠をぶら下げて集まっていたら、それは夏の終わりを示している。
仲宿はそこそこに大きな商店街だが、その日は商店街というよりも川の様相を呈している。商店街の端から端まで渡された人口の川に、上流から黒い命が流れ込む。ドジョウである。ドジョウは待ちわびる子供達の前をあっという間に泳ぎ去って行く。それでも小さな手を伸ばして一匹でも多く捕まえようと格闘するわけだ。獲得されたドジョウは、虫籠に放り込まれる。哀れドジョウは食べられるのか飼われるのか…。このドジョウ掬いは毎年行われる夏の終わりの風物詩となっている。
夕暮れ近くになると、アイスなどが配られ、子供達の格闘の成果を労う。ドジョウで真っ黒になった虫籠をお互いに見せ合う子供達のなんと得意気なことか。沈みゆく太陽の光に照らされながら、ドジョウの溜息が聞こえてきそうである。

(東京都 飯塚可奈)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

東京大仏

2010/09 場所、風景(23区エリア / 板橋区)

板橋区の赤塚や大門といったところの地形は、急勾配があちらこちらにみられ、しかもそのどれもが度肝を抜かれるほどの急な斜面になっている。その想像を超えた落差を目の当たりにし思わず一瞬怯んだほどで、「どうなっているんだ、ここは」と、驚嘆の思いが口を突いて出てしまったくらい不思議な地形をしている。
そんな地形にあるお勧めスポットが、一度はお目にかかってもらいたい、東京大仏である。場所は赤塚の乗蓮寺。昭和52年4月に、かつて東京を襲った関東大震災や東京大空襲など、悲惨な震災や戦災が再び起きないようにとの願いを込めて、昭和49年から約3年の歳月をかけて造られた大仏様だそうだ。色は黒く、高さは約13メートルある。まだ新しいということで綺麗なお姿をしている。新東京百景にも選ばれた有難い大仏様なのである。携帯の待受にすると有難いことが起こりそうな予感が。ということで、1枚カシャッと。
南無阿弥陀仏。

(埼玉県 松尾 武治)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

高島平のオアシス 赤塚公園

2010/07 場所、風景(23区エリア / 板橋区)

板橋十景にもなっている自然林豊かな公園。それが、赤塚公園だ。場所は、都営三田線高島平駅から5分。公園内には、遊歩道あり、噴水広場、運動施設など変化に富んでいて、私たち高島平住人にとっても、飽きることがない。夏の季節は、ムクノキやアカメガシワの自然林が遊歩道に木陰を作ってくれる。鳥たちのさえずりの聞こえる中、散歩するのは気持ちよい。園内には、梅に始まり、みごとな桜並木、そしてツツジ、アジサイなど、一年中花が絶えない。加えて、秋の紅葉は、圧巻である。また、赤塚公園の中には、小高い丘の上に梅林でも有名な赤塚城跡がある。近くの郷土資料館、美術館と合わせて、文化散歩もできる。子供が小さいときには、夏の間、噴水広場でワイワイと水遊びさせたことを、思い出す。そして、なんと使用料無料のバーベキュー広場も、年間を通して利用できる。春夏秋冬様々な顔を持つ赤塚公園、ぜひ、一度訪れてほしい場所である。

(東京都 大澤和子)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
       1 |  2  |  3  | 次の5件