東京ほっとコラム



新宿一高いところから

2018/02 場所、風景(23区エリア / 新宿区)

 新宿を象徴する超高層ビルと言えば、東京都庁第一本庁舎である。約20年前、修学旅行で東京の新宿に来た時、初めて東京都庁第一本庁舎を目の前で見た。「なんて近代的で高いビルなのだろう」と当時の感動した記憶が残っている。
 あれから、東京都庁第一本庁舎の周辺には、たくさんの超高層ビルが次から次へと建てられた。そして、東京都庁第一本庁舎は目立たなくなり、新宿の街並みは超高層ビル群へと変貌した。
 そんな東京都庁第一本庁舎は、世界中から注目を集めている。なぜならば、2020年東京オリンピック・パラリンピック準備局が東京都庁第一本庁舎に設置されているからである。そんな東京都庁第一本庁舎の展望室に休日に出掛けてみると、東京の街や遠くに見える富士山を眺める外国人観光客で賑わっていた。東京都庁第一本庁舎は、約243mと今でも新宿で一番高く、展望室から眺める景色はおススメである。

(東京都 山下 誠矢)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ギャップと魅力のある路地

2017/11 場所、風景(23区エリア / 新宿区)

 飯田橋駅をB4b出口から出ると、右手には軽子坂が延びている。そこを上り切った所で左折し、ほどなく右側に見えるのが「かくれんぼ横丁」の入口である。
 その由来は、尾行者が見失ってしまうほど細い路地が続いているからだとか。遊び心に溢れるネーミングでありながら、この横丁こそ大人びた空気が漂う神楽坂の雰囲気を最も明瞭に示す場所の一つと言われているのは何とも興味深い。
 趣深い石畳の歩道に自分の足音を響かせながら細道を進むうちに、まるで別世界に踏み入って行くような気分になってくる。洒落たBARや料亭を通り過ぎて、黒塀が現れれば、一帯の風景はさながら時代劇の舞台のようだ。その場に身を置いたら、人だけでなく現代からも隠れて、タイムスリップしたような錯覚に陥ってしまうことだろう。
 発見しづらい点は名称にちなんだご愛嬌ということで、神楽坂を訪れる機会がおありならば、是非その魅力を味わって頂きたい。

(埼玉県 成本 孝宏)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

懐かしい街 三軒茶屋

2017/11 場所、風景(23区エリア / 世田谷区)

「エコー仲見世」このちょっと古風な名前の通りが、三軒茶屋駅前に今もある。大学進学のために初めて住んだのがこの街だ。40年以上前の三軒茶屋は路地が沢山あり、迷宮に入り込むような妖しさと懐かしさのある魅力的な街だったが、卒業とともに地元(山口県)に戻った。
 30年ぶりに合う4人の同級生と「三茶で11時ね。」たったこれこれだけの約束をした。不思議だが、誰も詳しく「三茶のどこ?」なんて聞かない。東京は街の変化が激しい。30年ぶりの三茶は随分洗練されたおしゃれな街になってはいたが、みんな迷わずに11時に会えた。おしゃれなキャロットタワーと向かい合わせに、あの「エコー仲見世」も昔のままにそこにあった。
 4人で三茶を散歩した。路地に入り込む。そのまま40年前にタイムスリップする。3本立ての映画館。妖しげな看板の飲み屋さん。新しさと懐かしさが同居する、それが三茶の最大の魅力ではないかと思う。

(山口県 角 広子)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

なんでもありの新宿区

2017/10 場所、風景(23区エリア / 新宿区)

今から50年前、私が15歳から3年間新宿御苑が庭の高校に通っていました。この美しい庭園あり、危険な誘惑の街歌舞伎町、学校の回りはラブホ(当時は連れ込み旅館)あり、不良の溜まり場と言われたグループサウンズ等のライブハウス伝説のACB、当時東京一の紀伊国屋書店、PIT-IN、DUG等のジャズ喫茶、多種多様の劇場・映画館等々若者や大人の文化はなんでもありました。また当時は学生運動も盛んで10・21国際反戦デーの争乱、西口広場の反戦フォークゲリラ、裸で街を走るストリーキング、退廃的なシンナー遊びで中毒患者がフラフラしてたり、良きも悪しきも超刺激的な街でした。こんな環境で良く勉強しました。近頃は定年退職もし、懐かしさもあり、よく新宿にゆきますが、きれいになりましたね。相変わらず人々で溢れ活気のあることには変わりありません。昔から残っているお店も沢山あるし、新しい知らないお店やビルも沢山ありますね。

(茨城県 鈴木寿男)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

バードサンクチュアリ

2017/09 レジャー・観光、名所(23区エリア / 江戸川区)

葛西臨海公園と言えば、水族館、観覧者をまず思い浮かべるのではないでしょうか。しかしここは、知っている人は知っている有名な自然の野鳥園があるのです。川、海にも近いことであらゆる種類の鳥を見ることができます。それも23区でです。これを維持するボランティアの方々も含め関係者の努力は大変なものだと思います。季節ごとに見られる鳥は変わるのですが、留鳥と言って一年中いてくれる鳥もいます。私は個人的にはほぼ一年中見られるカワセミにはまっております。特に夏枯れで珍しい渡り鳥も見れない季節にはほとんどカワセミに集中して写真を撮っております。青い表の羽と銀色の裏の羽、そしてオレンジのお腹が特徴的で特に飛んでいる姿はとても美しいものです。木や杭の上から小魚や小海老を狙って池に飛び込み捕食して元の場所に戻るまでが一工程ですが、究極のカメラマンの目標は池に飛び込み獲物を捕え池から舞い上がる姿です。私には夢ですが。

(茨城県 鈴木寿男)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check