東京ほっとコラム



台東ぶらぶら煮込み七変化

2015/05 味・グルメ(23区エリア / 台東区)

 上野を起点にあてもなく台東界隈をぶらぶらするのが好きだ。アメ横界隈は朝7時台から立ち飲み屋が営業中。朝から親父たちのメッカだ。彼らの定番は煮込み。入る店によってこってりからあっさりまで。豚モツもあれば馬肉を入れたものもあって煮込みだけのはしごも愉しい。酔い覚ましに区役所を越して歩いていけば浅草が見えてくる。ここまで来ればホッピー通りを素通りできない。そしてまたここでも煮込み一丁。同じ煮込みでも浅草は上野よりも牛の店が多い。これはこれでまた佳し。自然とホッピーのテンポも上る。
 こうなると騎虎の勢い、飲兵衛の意地汚さが顔を出し、再び酔い心地のまま未知なる煮込みを求めて元浅草、末広町、下谷辺りを迷い歩く。本日のトリとなったのは岩倉高校近くの韓国酒場。出てきた煮込みは本場の唐辛子でオレンジ。その中で牛スジと白い豆腐が仲良く混浴。辛さで一日の酔いが醒めた。本日、打ち止め。

(群馬県 頼富雅博)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

馬場の青春

2015/05 場所、風景(23区エリア / 新宿区)

 子供の入学式に出るため、久々に早稲田に降り立った。駅も小奇麗になり、大学の周辺にはチェーンレストランも林立している。ただ、嬉しいのは昭和の頃にあった小さな学生食堂が看板もメニューも変わらず頑張ってくれていること。中にはラーメンを未だ500円を切る値段で出す店もある。そのことに感動しつつ、式の後ぶらぶらと高田馬場駅まで散策を楽しんだ。この道をいったいどれだけの学生が歩いたことだろう。酒に酔い、友と語り合い、恋する人を思いつつ、青春を紡ぐシルクロードがここにはある。息子よ、大いに馬場の青春を楽しめ。そんな思いで町を後にした。

(群馬県 頼富雅博)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

東京の玄関口

2015/03 場所、風景(23区エリア / 世田谷区)

東京都世田谷区玉川。東急田園都市線によって発展したこの地域は、神奈川出身の私にとっては東京の玄関口であった。
中学・高校時代、毎朝の通学電車で多摩川の川面を通り越すと、ビルの間を縫って羽田方面から注ぐ太陽がまぶしかった。太陽の反対には玉川高島屋が見える。洗練された品揃えのこのデパートは両親の憧れであり、家族で行くことは「お出かけ」であった。
「二子玉川園」と呼ばれた駅のすぐ近くには、その名の通り遊園地があって、その後パターゴルフ場やドッグランに変わっていった。期末試験なのに勉強もしないで友人とパターゴルフをした川縁は、高校生の社交場でもあった。
ここ数年で高層のオフィスビルが入り、瀟洒なショッピングセンターを抱えてすっかり洗練された「二子玉川」。だが、夏には子どもが川へ魚を取りに水槽を持つ光景も見られ、自然豊かな東京の玄関口の姿は今も変わらない。

(神奈川県 なかがわじゅん)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

名主の滝公園

2015/01 場所、風景(23区エリア / 北区)

五十年ぶりに「名主の滝」にいった。小学生のころ、祖母に連れられて、滝の下に撒かれる金魚を捕まえるのに興じた思い出がある。王子駅で降りる。駅前は音無川親水公園で、王子は武蔵丘陵の淵なので、昔から水が豊かだった。駅からしばらく行くと、王子稲荷がある。江戸時代から有名な関八州(正しくは東国三十三ケ国)の稲荷総社である。狐の「お穴さま」をのぞく。
少し歩いて「名主の滝公園」がある。安政年間自邸の庭を解放した名主畑野孫六の心意気を継いで、北区はここを無料で開放している。
目指すは、四つの滝である。池のある公園、庭園は多いが、滝まであるのは、なかなかにない。よくしつらえられた庭を進んでいくと、あれ、滝はあるけど涸れている。冬涸れ、と思ったらどっと滝が落ち始めた。滝にも勤務時間があるらしい。とりわけ男滝は勇壮である。懐かしい記憶がよみがえってくる。
今は、まだ冬。桜の季節は飛鳥山からまわるのもいい。

(東京都 野上卓)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

蒲田界隈散歩

2015/01 場所、風景(23区エリア / 大田区)

私の身内が西蒲田に長く居住し、何度か蒲田にはお邪魔したこと、今後も行くことがあります。そのたびに思う事は今問題でもあり、話題でもある東京大震災が頭をよぎります。狭い居住地の道路は巨大な火災発生時にはどうして逃げることが可能か、木造の建物が多く、まだまだ古い物も多く燃えやすいと思われます。今日は20年前の「阪神淡路大震災」の特集など、テレビの画面からは火災で「火の海」となり、どうすることもできない風景が絶望的な印象を与え、蒲田地区のみならず同じような古い住宅街は、震災には弱く「死傷者が大勢でるのでは」と心配でなりません。これは日本全国どこにも同じような場所が各地にありますが、この地区に来るたびに特に密集していることもあり、都度思い心配が込み上げてきます。蒲田区の皆様も巨大震災を考慮し、日頃の心構えと非難方法の確認を怠らないで下さい。

(北海道 西谷 勲)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check