東京ほっとコラム



散策をしてみたい

2013/05 その他(その他のエリア / 昭島市)

還暦を超えた辺りから、「古典落語」に嵌りました。以前は読書好きでしたが、老眼と、根気の無さからCDより耳で聞く落語が、何よりの愉しみになった。品川心中・佃祭・黄金餅等々、東京の地名が、多々登場する。頭の中で、その地を想像するのですが・・・、何せお江戸の頃とは、様子が違ってるでしょうね。それでも、品川・新宿界隈を、散策したい!と考えてます。何時の日にか、実現したい。

(大分県 大下もとこ)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

海を見つめる

2013/04 場所、風景(その他のエリア / 八丈町)

観光客が参加できる「樫立の手踊り」に若いカップルの女性の方が手を挙げ参加した。私もつられて舞台に上がった。私たち夫婦が八丈島を訪れた日は、先のカップルと他の男性の5名が一緒のバスに乗った。八丈島といえば流人の島。なかでも関ヶ原の戦いで敗れ34歳で流された宇喜多秀家は有名である。その後50年間島で暮らし84歳で没した。正室の豪姫は加賀前田家の出で秀家と離れ金沢に落ちのびた。秀家と豪姫との間には八丈に一緒に流された男子2人の他に女子2人の子がいたという。1人の女子は豪姫のお腹にいた時に父と離れた。前田家は、秀家に極秘に米や日用品などを送り続けたという。八丈富士の溶岩が広がる南原千畳敷から100メートルほど歩いてみた。「宇喜多秀家公と豪姫の像」が仲良く、しかし厳しい表情で遥かを見つめている。平成9年につくられた、この像で2人は再度結ばれた。その前を先ほどのカップルが楽しそうに散歩していた。

(東京都 植田秀幸)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

奥多摩!お祭り!温泉!川!ダム!

2012/12 レジャー・観光、名所(その他のエリア / 奥多摩町)

東京なのに緑が多くて、温泉(もえぎの湯)も充実しているところに奥多摩があります。
車でさらに奥へと進んで行くとダムがあり、山梨に続く道の途中には、大変人気な温泉(のめこい湯(山梨))があります。
東京の中心から車で1時間半程度、電車でも行くことができます。
電車だと、飲んだり食べたり、車だったら、道をくねくねと秘湯?っぽいところまで行けます。
川も非常に綺麗だし、ここが本当に東京なの?って感じます。
冬は、道に雪が残っているので、タイヤには注意が必要です。
また、奥多摩ダムは、模型などの展示室があり、展望台からはダムを見下ろせます。
バーベキューなどをするには非常に良いです。
また、八王子に抜ける道には、うかい鳥山等の美味しいお食事所もあり、高尾山など登山が可能です。
いろいろ見所も多く、春から秋にかけてはそれぞれ大きな見所が常に満載です。
是非ともお出かけくださいな!!

(神奈川県 山本 雄介)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

2012/12 場所、風景(その他のエリア / 三鷹市)

この時期の井の頭恩賜公園は様々な「色」に包まれます。
紅葉する木々、湿った土、暖色に身を包み、行き交う人々がこの公園の毎年訪れる恒例の景色、色です。

ふと、目線を下ろすと、木から落ちて来た枯れ葉を目にします。
僕はその枯れ葉たちに本当の個性を感じました。

各々は様々な色、サイズを持ち、自由気ままに身体をくねらせ、生き生きと躍っている様にすら見えます。
せっせと枯れ葉を運ぶ蟻、落ち葉の固まりで暖を取る猫や遊ぶ子供たち、無関心に落ち葉を踏みながら歩く人たち。

目線を下ろすだけで枯れ葉が主役の風景、色が無限に広がっています。

木々の生命維持の役目を終え、存在意義が無くなったはずの枯れ葉に愛着を持つ事が出来、また今までと違った視点で井の頭恩賜公園を愉しめそうです。

上ばかり見るのはやめようと想いました。

(東京都 岩佐 浩明)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

いたずらリス

2012/10 レジャー・観光、名所(その他のエリア / 町田市)

薬師池公園に寄るつもりだったが、鎌倉街道をはさんで反対側の、町田リス園から出てきた母子を見て、吸い寄せられるようにそちらへ入った。久しぶりに手袋と餌を買い、タイワンリス200匹の放し飼い広場に向かった。三重の扉を注意深く障がい者の方が開けてくれた。顔を拝見した。残念ながら面識のない方だった。実は私がここに来たのは、昔、特別支援学校で教師として働き、遠足で障がい児を引率し訪れたことがあったからだ。その時の子供たちの喜びようったら、今でも思い出すたび心が弾む。でも、リスの中には餌のヒマワリの種をゴーインに奪おうとして、一人の子を泣かせるものもいた。しまった。楽しいはずの遠足が…。遠足終了後の保護者会でお母さんに非難されるのを覚悟で、このことを伝えた。でも、返ってきた言葉は「先生いいのよ、あの子にとってもよい思い出が出来たのだから。ありがとう」だった。

(東京都 植田秀幸)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check