1 |  2  | 次の5件

いたずらリス

2012/10レジャー・観光、名所(その他のエリア / 町田市)


薬師池公園に寄るつもりだったが、鎌倉街道をはさんで反対側の、町田リス園から出てきた母子を見て、吸い寄せられるようにそちらへ入った。久しぶりに手袋と餌を買い、タイワンリス200匹の放し飼い広場に向かった。三重の扉を注意深く障がい者の方が開けてくれた。顔を拝見した。残念ながら面識のない方だった。実は私がここに来たのは、昔、特別支援学校で教師として働き、遠足で障がい児を引率し訪れたことがあったからだ。その時の子供たちの喜びようったら、今でも思い出すたび心が弾む。でも、リスの中には餌のヒマワリの種をゴーインに奪おうとして、一人の子を泣かせるものもいた。しまった。楽しいはずの遠足が…。遠足終了後の保護者会でお母さんに非難されるのを覚悟で、このことを伝えた。でも、返ってきた言葉は「先生いいのよ、あの子にとってもよい思い出が出来たのだから。ありがとう」だった。

(東京都 植田秀幸)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

町田はバーの街

2011/09味・グルメ(その他のエリア / 町田市)


子供の頃よく自転車で友達と坂道を下り町田へと繰り出した。相模原に住む幼き少年にとって町田の街を歩くのは少し大人になったような気分を味わえた。それから二十年の時が経ち、町田も少し渋谷のような若者向けな賑やかな街になり、自分はひとりでバーカウンターでグラスを傾けるようになった。
バーの街と言えば銀座、横浜、宇都宮が名を挙げるが、町田にも30軒以上のバーがあり、それに続く賑わいを見せている。数軒の馴染みのバーには、都会や横浜で修業した30代のバーテンダーさんが多く、これからがとても楽しみな店ばかりだ。
BAR NAKAZAWAでいつものミリオンダラーを頂き、「共に100万ドルを目指しましょう(笑)」とイケメンバーテンダー相手に冗談でもグラスを傾け夢を語れる店ができた。
BAR DIARYはジントニックが美味い。カクテルの基本である一杯だ。バーテンダーの方が実は高校の後輩で、鼻高々で飲み干した。

(神奈川県 瀬間 剛)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

町田・高蔵寺界隈散歩

2010/04場所、風景(その他のエリア / 町田市)


東京都町田市三輪にある高蔵寺界隈は、私たちシニア夫婦の大好きな散歩道である。この寺は、関東でも有名な「しゃくなげ寺」だと聞いた。七福神が寺内に点在していることでも知られる。それだけではない。この寺の佇まいが実に素晴らしい。丹念に手入れが行き届いた境内には、様々な草木が、季節季節の顔を見せてくれる。冬が終わりに近づく頃、山門にある仁王像の周りに、まずロウバイの黄色い花が咲く。そして、梅の花が咲き、桜の季節を迎える。次は、いよいよ、しゃくなげである。こうしてこの寺は、一年中、季節ごとの風情を楽しませてくれる。晩年の北原白秋が、よくこの寺を訪れ、歌を詠んだそうだ。そして、この寺の周りの風景もまた格別だ。特に春の風景は「凄い」。地元の大農家の農園が、見事に残されており、様々な花が咲き乱れ、印象派の絵画を見るような風景が広がる。今週はどんな顔を見せてくれるか、楽しみな高蔵寺界隈散歩である。

(神奈川県 白石文人)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

季節の贈り物

2009/10場所、風景(その他のエリア / 町田市)


木漏れ日、雨上がりの土の匂い、優しい落ち葉の絨毯、子供たちの嬌声、ゆっくりと座れる芝生。
四季折々の姿を見せてくれる草花。それは、花壇だけではなく、公園全体から感じさせてくれます。
ひとつの公園の中に、大人から子供まで、家族からお一人様まで、みんなが満足できる場所が必ずあります。
一日過ごしたその後は、グランベリーモールでお買い物をして、日常に戻ることもできる。
かつての散歩コースであり、教材の宝庫であり、思い出の場所。鶴間公園、初めて一人暮らしをした私にとって、かけがえのない場所です。

(大阪府 鎌田吉仁)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

妻と二人のデジカメ散歩道

2009/10場所、風景(その他のエリア / 町田市)


還暦を迎えたころ、妻と一緒のデジカメ・ライフが始まった。毎週末は、好きだったゴルフも控えめにし、散歩を兼ねたデジカメ撮影となった。そして、それから二年後、自らすすんで完全に現役を引退し、シニア生活に入った。体力的にも余裕を持ったリタイア生活を夫婦で楽しもうと思ったからだ。かくして週三日は二人のデジカメ散歩となった。
そんな時に頼りにしている場所がある。東京都町田市にある、薬師池公園である。町田市が管理している、手入れの行き届いたこの公園には、一年を通して、その時々の花々が競い合うように咲き乱れ、草木の変化と共に、季節を演出してくれる。春、梅の後には桜が見事に咲く。そして、フジの後には花しょうぶ。七月から夏の終わりにかけては大賀ハスの大輪が咲き乱れる。秋からは椿の季節を迎える。今年の紅葉はどうだろう。そして、この冬は、この公園の雪景色に挑戦してみたいと、妻と話し始めている。

(神奈川県 白石文人)


2009/11/25掲載


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
       1 |  2  | 次の5件

ページの先頭へ