1 |  2  | 次の5件

高尾山

2012/02レジャー・観光、名所(その他のエリア / 八王子市)


八王子と言ったらみなさんもご存知の東京のパワースポット「高尾山」が頭に浮かぶことだろう。また、高尾山といったらミシュランガイドにも載った有名な山である。とろろそばが有名で登山帰りのお客さんで賑わうお店がたくさんあるのも高尾山の売りの一つと言えよう。実際に私も年に一回は必ず高尾山に登る。毎回感じることだが、高尾山に登ると精神的にも肉体的にも神聖な気分になる。高尾山を登ったことがない人には是非一度登って頂きたいと思う。もうすでに登ったことがある人にとってはそんなこと言われるまでもないと思われるかもしれないが人間「初心忘れるべからず」と言われるようにもう一度初心に帰って思い出して欲しい。初めて登った時のことを。そして、その時感じたことを。そして、これから登る人にも高尾山の良さを沢山知って欲しい。。このような時代だからこそ自分を見つめ直す手段として高尾山に登ってみてはいかがだろうか。

(東京都 立花美紀)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ワタシの青春の味「ネパールカレー奈央屋」

2009/12その他(その他のエリア / 八王子市)


そのお店は東京でも銀杏の名所である東京都八王子市の千人町にある。甲州街道追分交差点付近から高尾駅前にかけての763本のイチョウ並木に面した通りに暖簾がたなびいている「ネパールカレー奈央屋」がある。小狭い店内に所狭しと並ぶ可愛らしいネパールグッズ。癒しの音楽が流れる。開店当初から常連のワタシはキーマカレーしか注文していない。お気に入りの味なのだ。近所の高校でデザインを学んでいたワタシは奈央屋で友達とグループ展を開いた。奈央屋では店主のナオさんにお願いをしてプチギャラリーで展示させてもらうことができるのだ。
奈央屋の一番奥の席で親友に打ち明けた初恋の先生のこと。想いを告げることなく見つめていただけの恋。
先日もワタシはいつものようにキーマを注文して結婚報告をしたところだ。
ナオさんの作るキーマカレーはほっとする懐かしい味。
「ネパールカレー奈央屋」東京都八王子市千人町3-3-3

(奈良県 ペンネーム八王子花子)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

三ツ星レストラン

2009/08レジャー・観光、名所(その他のエリア / 八王子市)


京王線新宿駅から特急で40分前後で着く、癒し系の場所。
東京の山といえばここ!の高尾山。
春の新緑。
夏のビアガーデン。
秋の紅葉。
そして、冬至の時期には、ダイヤモンド富士も見られる。
そんな、ちょっとした観光スポットです。
私は、大学が八王子だったので、よく高尾山に登りました。
近年では、ミシュランで三つ星になり、本当に有名な場所になったように思います。
有名になってもなお、山は奇麗で…
そこから見える景色も三つ星で、
そこで食べるご飯も三つ星です。
何年経っても
変わらない場所であって欲しいと思います。
まだ行ったことのない方はぜひ!

(福井県 若林ひろこ)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

戦車道路

2009/07場所、風景(その他のエリア / 八王子市)


「戦車道路」いかめしい名前ですが、広々とした気持ちの良い遊歩道です。町田市と八王子市の境界になる尾根の上を走っています。木のチップが敷いてあったり、土の部分があったり、コンクリート舗装されていたり。そのときの気分で好きな路面を歩けます。春は桜、夏はアジサイ、新緑、もみじ、いつ行っても散歩が楽しめます。名前の由来は、戦時中、工場(今の相模原米軍基地)で作った戦車を試走したところから。ジョギングをする人、自転車の人、ゆっくり乳母車を押す人。静かで平和な緑道です。

(東京都 堀田 真)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

空の広さは、心の広さ

2009/05レジャー・観光、名所(その他のエリア / 八王子市)


東京とは思えぬ空の広さ、そして青々しさ。駅前には華麗でいてやさしい色遣いのかわいらしい住宅街が広がる南大沢。都心から少し離れた緑溢れるこの街には、喧噪ではなく小鳥のさえずりが響き渡る。
車で10分、徒歩でも平坦な道を20分も過ぎればそこは見えてくる。
上柚木公園野球場。
煌びやかなプロ野球本拠地球場から見れば味気ないかもしれないが、芝もスコアボードも新しく、プロ仕様に遜色ない設備が整っている。自然溢れる中に品の良さ。広い空を仰ぎ、深く息を吸い、思いきり背伸びをする。
毎日窮屈な生活を送り縮こまっている心と身体を受け入れてくれる懐の深さ。野球のポジションでいうなれば名捕手、理想の嫁。
プロ野球のような華美な色はない。椅子に背もたれはない、外野には椅子すらない。あるのはスコアボードの文字と天然芝の緑色。でも、それだけでいいのだ。足をのばしてでも疲れたときこそ行きたくなる場所。

(東京都 平井 芙美)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
       1 |  2  | 次の5件

ページの先頭へ