東京ほっとコラム


       1 |       

大きな銀杏の、木の下で。

2010/11 場所、風景(その他のエリア / 狛江市)

私の住む狛江には伊豆美神社なるものがある。
その歴史は長く、またご利益も確かであるらしいのだが、どうにも昨今のパワースポットブームには乗れていないようだ。朝方に行けば巨木の陰から太陽が目を覚まし、夕暮れに行くと美しい銀杏達が金色に燃えている。
そういう場所であるのに、人ひとが目にかけないのが悲しく、少々悔しい気もする。このあいだ梅雨どきに行った時などは、もう凄かった。降り続く雨に潰えた梅の実が、まだ青いながらほんのりと匂って、香のようにあたりを包んでいる。あんなに美しい光景、いや香景は、生まれてから一度も見た事がない。
流行りに弱い、人ひと知らぬ和泉の神。
小さいながらも美しく幽玄で、こころなしか神様もゆるりと休まれているように感じられる。

(東京都 小菅 奈緒)


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
       1 |