vol4.
秘書たちのお墨付き 接待の手土産


  日本中の良質な手土産を紹介するサイト「接待の手土産」と3万人以上の現役秘書が登録する「こちら秘書室」(いずれもぐるなび運営)で選ばれた3商品を紹介。取引先などに持参する手土産を日々手配する、秘書たちのお墨付きだ。)

広島、海鮮せんべい


■海鮮しぼり焼詰め合わせ

 広島県にあるせんべい店「巴屋 清信」の海鮮せんべい。小麦粉などのつなぎを一切使わず、同社独自開発の「しぼり焼き技法」で、職人が一枚一枚圧縮しながら丁寧に焼いた。重量感があり、唯一無二の味と形だ。香ばしくパリパリとした食感は、酒のつまみやお茶うけに喜ばれる。濃厚で風味があるので、細かく砕いて、ふりかけでもいける。

 広島名産の牡蠣(かき)や、生しらす、サヨリ、タコ、尾道の冬の風物詩・デベラなど、瀬戸内海でとれた海の幸5種が箱に入り5400円。通販で買えるが、従業員10人ほどの店で、購入は多少時間がかかる。

広島市中区舟入南4の4の16。(電)0120・727・827

 

 

「神様」の焼き菓子


■アソートメント グルマン

 ミシュランで多くの星を獲得する、フレンチの神様、ジョエル・ロブション監修の焼き菓子詰め合わせ。

 オレンジの香り広がる、しっとりとした定番のマドレーヌ、クルミがアクセントのチョコレートを使ったコクのあるブラウニー、ヘーゼルナッツを使った香ばしいモワルーノワゼットオランジュ、発酵バターをたっぷり使用した風味豊かなフィナンシェなど6種21個が入る。有名レストランの焼き菓子で特別感があり「おいしさはもちろん、ハイセンスなパッケージや手提げ袋ともに、申し分なし」と、秘書たちからは高評価。5313円。

ジョエル・ロブション オンラインショップ(電)03・3552・2430

最高級のごま使用


■純国産胡麻(ごま)豆腐

 丹波産の黒ごまを使った、ほんのり甘味を感じる「黒胡麻豆腐」、喜界島(鹿児島県)の白ごま使用「白胡麻豆腐」、ピーナツのような香りがする、播磨産の金ごま使用の「金胡麻豆腐」の3種がある。

 ごまは明治時代から続く老舗、和田萬のものだけを使用する。ごまと合わせる葛(くず)は、極寒時期に作ったものを地下水で繰り返し精製、乾燥させ、さらに1年以上寝かせたヒネ葛。最高級の原材料を使った。わらび餅のような食感と、まな板に吸い付くほどの粘りがある。各550円。詰め合わせ3個入2052円~。日乃本(ひのもと)食産。

兵庫県三田市志手原882。(電)079・564・2222