vol.13
洗濯槽クリーナー


 湿気の多い時季に気になる洗濯槽のカビ。環境にやさしく、汚れがごっそり取れる酸素系の洗濯槽クリーナーを紹介。浮いてくる汚れをきれいに取り除けば、ぴかぴかになり、気持ちもすっきりだ。(すべて粉末、使用前に洗濯槽の耐熱温度を要確認)

発泡の力で汚れ除去


■ヱスケー石鹸「すっきり洗濯槽クリーナー」
 

 1998年の発売以来、300万個以上を売り上げるヒット商品。酸素の発泡パワーで汚れを取る過炭酸ナトリウムに、カビに浸透して浮き上がらせる炭酸ナトリウムを配合。さらにせっけん成分を配合して汚れを落としやすくした。泡立ちがよく素早く溶けるので、洗浄時間は比較的短めだ。

 「30~40度の水温で3~4分運転→3~4時間放置→最後に運転」で終了。ドラム式非対応。500グラム×2袋、972円。

(電)0120・641・412

 

 

 

漬け置きなしでOK


■ライオンケミカル「PixAg洗たく槽クリーナー」


 漬け置きなしで洗浄できるのが特徴。クリーナーを入れたら、標準コースを選び洗濯機を回すだけ。水でもよいが、約40度のぬるま湯で3時間放置して使うと、より効果的。5年ほど前に改良し、浸透成分を配合することで洗浄力をアップさせ、以前より洗剤量を約15%減量させた。第三者機関の試験でカビ胞子の除去率99%以上の効果を実証。銀イオン配合で抗菌効果も。ドラム式対応。280グラム、298円。塩素系の液体タイプも。

(電)06・4861・3085

 



汚れ浮かせる3成分


■シャボン玉石けん「洗たく槽クリーナー」

 「酸素の発泡力で汚れをはがす過炭酸ナトリウム・汚れの吸着面を緩ませる無添加せっけん・せっけんの作用を持続させる効果がある重曹」の3つの成分の相互作用で、汚れがごっそり落ちるという仕組み。第三者機関の試験で、カビ除去率99.9%を実証している。

 「30~40度のぬるま湯で洗濯機を3~4分運転→3~4時間放置し、汚れが浮いてきたら→標準コースを1サイクル運転」して終了。ドラム式非対応。500グラム、486円。

(電)0120・4800・95 

 

 

衣類のシミ抜きにも


■地の塩社「酸素系漂白剤」

 1975年の創業以来、環境や人にやさしい商品に徹底してこだわる会社。成分は過炭酸ナトリウムのみで、使用後は、無害な炭酸ソーダと水と酸素に分解され、肌にもやさしい。

 「40~50度の湯で約5分かくはん→約30分放置→さらに5~10分運転→再び放置」する。3時間ほどでもよいが、一晩置くとより汚れが取れやすい。洗濯槽だけでなく、衣類のシミ抜きや黄ばみ予防、食器の茶渋の漂白などにも使える。ドラム式も対応。500グラム、432円。

(電)0120・402・839