今月の街先案内人

今回のゲストはモデルの中村アンさん。いまやモデルとして活躍はもちろん、辛口キャラとしての地位を確立し、バラエティ番組にもひっぱりだこな彼女。

親近感のあるタレントとして、長く続けられたら嬉しいです。

 中学校から大学までフルコースの女子校生活を送られてきた中村アンさん。芸能界へのきっかけは高校3年生のときにスカウトされたからだそうです。ところが当時は高校で行っていたチアリーディングで大学への推薦を受けていたため、あっさりと辞退されたのだとか。
「女子校ということもあって、周りは堅い人ばかりでした。だから芸能界という不安定な世界へ飛び込むという選択肢がなかったんです」
一度は断った芸能界への道が、再び開かれたのは4年後の大学時代。
「当時は普通に就職活動もしていましたけど、華やかな世界に対して、徐々に憧れもでてきていたんです。それまでも何度かスカウトの声をかけていただけていたので、とりあえず学籍を残したまま事務所で活動をはじめてみようかと。それで、卒業と同時に本格的に芸能活動に挑戦してみることにしたんです。」

芸能活動ははじめから順調でしたか?
「それが全然だめでしたね(笑)。正直、スカウトで業界に入ったということもあって、簡単に仕事がとれるもんだとタカをくくっていたところもあります。

両親には3年間の条件つきで、許しをもらっていたので、かなり焦りました。」

ブレイクしたきっかけは“辛口キャラ”ですよね?タレントとしての活動は、モデルのお仕事に影響はありましたか?
「タレントとして認知度があがったおかげで、以前は断られた媒体からお声をかけていただけたりと、とてもいい意味で影響がありました。私は最初からモデルだけで生き残れるとは思っていなかったんですよ。身長も160センチ位ですから、いくら痩せたところで劇的にスタイルがよくなるわけじゃありませんし。今の事務所でお世話になろうと思ったのも、いろんなことをやらせてもらえるからなんです」

もともと芸能界に対して積極的ではなく、就職活動も始めていたという中村さん。大学在学時は、やりたい職業がありすぎて、かなり思案したのだとか。
もともと芸能界に対して積極的ではなく、就職活動も始めていたという中村さん。大学在学時は、やりたい職業がありすぎて、かなり思案したのだとか。
「芸能界へ就職したからには、長く続けるためにも自分のポジションを勝ち取ることが大切」
「芸能界へ就職したからには、長く続けるためにも自分のポジションを勝ち取ることが大切」

戦略的にはご自身が描いた通りの道筋ですね。
「でも、仕事が無い時期は本当に辛かったですよ。何をやっても行き詰まってしまって。今は自分の武器は“親近感”というか“身近さ”だと思っているので、なるべくいろんな場所で、みなさんに見てもらえるようになりたいとは思っています。芸能界に就職したからには、長く続けたいので、これからも精進するしかないですよね」

自分にとって深川は、原点。“初心にかえれる街”なんです。

深川に引っ越しをされてきたのが小学5年生の頃。そこから25歳まで、じっさいに暮らしていたそうですが、深川とはどんな街だと思われますか?
「今までいた街に比べて、学校もコンパクトというか、こじんまりしているというか、いわゆる下町の雰囲気に戸惑ったのは覚えています。でも、しばらく生活していると、とても住みやすい街だということに気づきましたね。」

どういったところが住みやすいと思われたのでしょうか?
「だって月に3回も縁日があって、のんびりしているのに活気がある街なんですよ?

子どもにしたら楽しくないわけがないでしょ。それに、川を渡りますけど、買い物は銀座や日本橋でできるし、月島でもんじゃも食べられる。ただ暮らすだけの街ではないというのは、幼心にも感じ取れました」

今でも深川にはよくこられるのですか?
「生まれた街ではないにしても、青春時代を含めて自分が育った街というのは、やはり特別な愛着がありますよね。この街にかえってくると、初心に戻れるというか、将来への不安や、現状への不満なんかも感じなかった頃の自分にリセットできるんです。だから、今でも行き詰まったときには、フラッと帰ってきています」

深川不動尊の参道は、小さい頃からの散歩道。
深川不動尊の参道は、小さい頃からの散歩道。「程よい長さと賑やかさなので、気分転換に最適です。それに何を食べても美味しいんですよ」
特に大きなお祭りの時期でなくても、毎月1日、15日、28日には縁日が開かれるのだそう。
特に大きなお祭りの時期でなくても、毎月1日、15日、28日には縁日が開かれるのだそう。「駅前から続くので、歩くだけで元気になれますよ」

・レースのトップスとパンツのセットアップ 21,000円+税
(The Dayz tokyo(The Dayz tokyo 渋谷店) 
・ピンクパンプス 25,000円+税/
(SURU by Mariko Oikawa ルミネエスト新宿1F )

【協力店リスト】
■The Dayz tokyo 渋谷店
03-3477-5705
■TSURU by Mariko Oikawa ルミネエスト新宿1F
03-6380-1038

写真:ボクダ茂

 
中村アン
Myprofile
中村アン(なかむら・あん)

1987年9月17日 東京出身 AB型
高校、大学時代はチアリーディング部に所属しキャプテンとして全国大会にも出場。
モデル・タレント 
NHK - BSプレミアム「仮説コレクターZ」にレギュラー出演中。
MBSラジオ「TKO・中村アンのちょこっとやってまーす!」にレギュラー出演中。女性ファッション誌「andGIRL」にてレギュラーモデルとして活躍。その他、多数のバラエティ番組や雑誌、CMなどにも多数出演。
Information

★吉本新喜劇 小籔座長東京公演2015  
コーナー日替わりゲスト出演!!

日時:2015年8月21日(金) 14:00開場 14:30開演 

場所:サンシャイン劇場(キャパ816)

(東京都豊島区東池袋3丁目1?4 サンシャインシティ サンシャインシティ文化会館 4F)

バックナンバー

つるの剛士 × 江の島
恩師の言葉が人生の転機に…。つるの剛士が地元・江の島で語る!!つるのさん“らしさ”が伝わるエピソード満載です!
恩師の言葉が人生の転機に…。つるの剛士が地元・江の島で語る!
片桐 仁 × 下北沢
“コント職人”片桐仁が語る、劇場の街・下北沢の魅力とは?多方面で才能を発揮する彼が、劇場にかける熱い想いを語ります!!
“コント職人”片桐仁が語る、劇場の街・下北沢の魅力とは?
塚地武雅 × 東高円寺
“オモロイおっさん”に憧れ上京!? 塚地武雅が半生を語る!!東高円寺のマニアックなおすすめスポット情報もお届けします。
“オモロイおっさん”に憧れ上京!? 塚地武雅が半生を語る!!
はるな愛 × 三軒茶屋
まるで東京の「新世界」!? はるな愛さんが三軒茶屋を語る!!界隈を知り尽くす彼女ならではの、おすすめスポット情報も!
まるで東京の「新世界」!? はるな愛さんが三軒茶屋を語る!!
内田理央× 渋谷
寝ても覚めてもオシャレ三昧?!文化の発信地“渋谷”の魅力とは?“お尻だけじゃない!”内田理央さんの素顔にも迫ります!!
寝ても覚めてもオシャレ三昧?!文化の発信地・渋谷の魅力とは?
又吉直樹×吉祥寺
又吉直樹の“本職”は一体何?思い出の吉祥寺で本音を語る!!芥川賞の感性は吉祥寺仕込み?!独得の街紹介エピソードも満載。
又吉直樹の“本職”は一体何?思い出の吉祥寺で本音を語る!!