今月の街先案内人

今回のゲストは歌手のクリス・ハートさん。
来日された当時に住んでいた人形町の魅力を語っていただきました。

歌手として来日したのではなく、単に日本に住みたかったから(笑)

  外国人が日本の歌を歌うテレビ番組「のどじまんザ!ワールド」で優勝を果たし、歌手としてデビューされたクリス・ハートさん。
 YouTubeの動画をきっかけに番組スタッフから声がかかったのがきっかけで、その後の人生が大きく変わった、男性版シンデレラ・ストーリーを体現されました。
 そもそも日本語で歌おうと思ったきっかけは何だったのでしょう?

「両親がミュージシャンだったこともあり、小さいころから音楽に触れていたのですが、日本に興味を持ち始めたのは12歳の頃です。当時はサンフランシスコに住んでましたが、中学校の外国語の授業で日本語の勉強を始めたんです。そのときにテレビでKiroroさんの「未来へ」を聴いて、これはっ!って。その後、CDショップへ走ってJ-POPのCDを買い漁りました。そこから、日本に対する憧れがどんどん強くなって、なんとか日本に行きたい!って考えるようになったんです。
 ただ遊びに行くのではなく、住みたいと思っていたので、色んな方法を考えましたね。留学するにはどうしたらいいだろう?とか、就職するにはどうしたらいいのか?とか。それでもダメだったら音楽できっかけが作れないものかと、日本語で作詞作曲したバンド活動をしてみたり。しかもビジュアル系のバンドですよ(笑)」

ミュージシャンとして活動するなかで、ライブとレコーディングはどちらが楽しいですか?

「なかなか難しい質問ですね。ただ、僕は歌うときに聴いてくれる人に対して気持ちを込めるタイプです。ライブなら観客の表情や様子がみえるので、気持ちも込めやすい。でも当然ながらレコーディングでは、聴き手の顔は見えないですよね?だから、想像しながら気持ちを込めることになります。
 僕にとってライブとは、レコーディング時に作り上げた作品の答え合わせとしての意味合いもあるのかも知れません。こういう気持ちを込めたんだけど、伝わっているかな?ということを肌で感じることができますから。
 僕の集大成はライブにこそあるんだと思います。僕のカバーアルバムは、僕が好きな曲を選んでますが、ファンの皆さんにリクエストをいただいたなかから選んだ曲も入っています。みんなでつくり上げるということを大切にしたいんです。共感できる音楽でありたいという気持ちが強いからかな。
両親もミュージシャンだったこともあり、幼少期から音楽に触
れて育ったというクリスさん。
両親もミュージシャンだったこともあり、幼少期から音楽に触れて育ったというクリスさん。
かつてはビジュアル系のバンドで日本語のオリジナルソングを歌っていたこともあるのだそう。
かつてはビジュアル系のバンドで日本語のオリジナルソングを歌っていたこともあるのだそう。
「歌を届けるために、僕は歌詞をとても大切にしています」と、日本語に対するこだわりを語ってくれたクリスさん。
「歌を届けるために、僕は歌詞をとても大切にしています」と、日本語に対するこだわりを語ってくれたクリスさん。

日本の素晴らしさを音楽を通して世界に発信していきたい。

 来日されたとき、下町に住みたいと人形町を選ばれたクリスさん。ずばり人形町の魅力について伺いました。

「最初は浅草あたりの、いかにも“下町”といった風情に憧れていたんですけど、人形町には昔ながらの文化と国際的な文化がちょうどいい具合に交じり合っていたので、外国人である自分には無理なく溶け込みやすかったんです。昔ながらのお惣菜屋さんも多くて、住民も下町気質な人がたくさん。それなのにネパール料理屋とか、いろんな国の文化も違和感なく存在しています。
 人種や文化も別け隔てなく包み込んでくれる“あたたかさ”を感じられるところが、一番の魅力じゃないでしょうか?
 僕は、人との付き合いをとても大切に思っているので、こういう“あたたかさ”を音楽でも伝えたいと思っているんです。日本人にとっては当たり前だと感じることも、海外の人にとってはとても新鮮に見えることがたくさんあります。
 今後は海外の人にも、僕の音楽を通して日本の魅力を伝えられるように活動したいなぁ、なんて考えています。日本語の言葉の美しさも含めて、なるべく多くの人に聴いてもらいたい。それが目標なんです。
 まずは、東京新聞のCMで『ハッピーデイズ』という曲が流れているので、ぜひ聴いてみてください。タイトルの通り、明るいテイストに仕上がっているので、コミカルなCM内容にも上手くマッチしていると思います!」
昔ながらのお惣菜屋さんが多く、いかにも日本らしい趣きが感じられるところがお気に入りなのポイント。
昔ながらのお惣菜屋さんが多く、いかにも日本らしい趣きが感じられるところがお気に入りなのポイント。
街の規模が大き過ぎず、小さ過ぎない絶妙な大きさ。気負わずに生活できる街なのだそう。
街の規模が大き過ぎず、小さ過ぎない絶妙な大きさ。気負わずに生活できる街なのだそう。

写真:ボクダ茂

 
クリス・ハート
Myprofile
クリス・ハート

ミュージシャンの両親の元、幼少の頃より音楽を身近に育つ。中学校にて日本語を学び日本の文化に興味を持ち、J-POPに大きな影響を受け、2009年来日。Youtubeの動画をきっかけに、テレビの 音楽番組へ出演し優勝を飾る。ハートフルな歌声と抜群の歌唱力で、2013年5月には待望のCDデビュー。2016年の第一弾シングル「僕はここで生きていく」はNHK「みんなのうた」で話題となった。4月30日には日本武道館公演が予定され、6月にはオリジナルアルバムの発売が予定されている。
公式サイト http://chris-hart.net/

バックナンバー

つるの剛士 × 江の島
恩師の言葉が人生の転機に…。つるの剛士が地元・江の島で語る!!つるのさん“らしさ”が伝わるエピソード満載です!
恩師の言葉が人生の転機に…。つるの剛士が地元・江の島で語る!
片桐 仁 × 下北沢
“コント職人”片桐仁が語る、劇場の街・下北沢の魅力とは?多方面で才能を発揮する彼が、劇場にかける熱い想いを語ります!!
“コント職人”片桐仁が語る、劇場の街・下北沢の魅力とは?
塚地武雅 × 東高円寺
“オモロイおっさん”に憧れ上京!? 塚地武雅が半生を語る!!東高円寺のマニアックなおすすめスポット情報もお届けします。
“オモロイおっさん”に憧れ上京!? 塚地武雅が半生を語る!!
はるな愛 × 三軒茶屋
まるで東京の「新世界」!? はるな愛さんが三軒茶屋を語る!!界隈を知り尽くす彼女ならではの、おすすめスポット情報も!
まるで東京の「新世界」!? はるな愛さんが三軒茶屋を語る!!
内田理央× 渋谷
寝ても覚めてもオシャレ三昧?!文化の発信地“渋谷”の魅力とは?“お尻だけじゃない!”内田理央さんの素顔にも迫ります!!
寝ても覚めてもオシャレ三昧?!文化の発信地・渋谷の魅力とは?
又吉直樹×吉祥寺
又吉直樹の“本職”は一体何?思い出の吉祥寺で本音を語る!!芥川賞の感性は吉祥寺仕込み?!独得の街紹介エピソードも満載。
又吉直樹の“本職”は一体何?思い出の吉祥寺で本音を語る!!