ほっとWebHOME > 真東京03探検隊 > 男着物&メンズ浴衣専門店 藤木屋
  • File04
  • 男着物&メンズ浴衣専門店藤木屋

オッサンズからの卒業を目指し、
お笑いトリオ“東京03”が未知なる世界の扉を開く!

  • アラフィフのお笑いトリオ「東京03」のメンバーが、これまでのこだわりを捨て去り、新たな価値観に触れながら“立派な紳士”への道を目指す新連載!
    未知なる世界を体験するため、東京03探検隊が新たな冒険の旅へと旅立ちます!
  • 東京03
これまで無関心だった事柄にまで関心を寄せ、
モテる紳士への道を探求する探検隊一同。
今回はファッションという、今までにない切り口で
新しい世界への扉を開きます!
男の着物はハードルが高い?
それなら夏らしく浴衣から始めてみよう!
和服が似合う紳士への一歩として
浴衣を選んでみよう!



今回、探検隊がお邪魔したのは、
上野にある男性用着物専門店の「藤木屋」さん。



「ようこそお越しいただきました。
本日の浴衣の見繕いをさせていただきます
店長の藤木屋明彦です。」

「よろしくお願いいたします。」

「素敵な浴衣をお願いします。」

「素敵でモテる浴衣をお願いします。」

本来、着物は反物を選び、
自分の身体に合わせて仕立てるオーダーメイドが主流なのですが、
それだとお値段的にもハードルが高い…。

「そんなお客様のために、当店ではリーズナブルな既製品の着物も多数ご用意してあります。それに浴衣でしたら、7000円からご用意いたしておりますよ。」




というわけで、今回はすでに仕立てられているモノの中から選んでいきましょう。






男性着物というと、シックなイメージが強いのですが、カラフルな帯も多数ラインナップされています。






もちろん履物だって揃っている。オシャレの基本は足元からなんて言いますし。






そしてポケットという概念のない
着物ならではの小物も豊富です。






というわけで、
まずは角田隊員のコーディネートからスタート!






最初に店長が選んだのは、
ジャージ素材の現代風な浴衣。



「でも、下が私服のシャツのままなんですけど…。
そんなんでいいの?」

「全然OKですよ。明治の文献で、山内六三郎という方がワイシャツにネクタイをして着物と合わせている写真も残っていますから。」




ちなみに、これが話題の山内六三郎氏。
たしかにワイシャツ&ネクタイで着物です。



「本当だ! しかも格好いいじゃないの。」

「言われてみれば、織田信長公も西洋のファッションをいち早く取り入れた傾奇者だったわけだから、あながち可笑しくないかも。」




というわけで、そのまま続行です。
今は腰紐を締めた状態。






そして角帯として店長が選んできたものが…。






なんと極太の革製ベルトです!







「ファッションとしては悪くはないんだけど、
なんか角ちゃんの表情にイラっとするな…。」

「なんだろうね?なんとなくしっくりこない感じ?」

「ちょっとサイズが小さいかも知れませんね。下のシャツも白ワイシャツにしてスッキリさせてみましょう。」




というわけで、身ぐるみを剥がされた角田隊員。
男としての“防御力0”な状態は、
さながら不倫現場から逃げ出す浮気男(笑)。






改めて着付けたのがコレです。
ワンサイズ大きくしたことで全体のシルエットが整いました。



「おぉ〜!しっくりきたね〜。」

「なんかモダンなテイストで、いい雰囲気に仕上がってると思います!」

「実はこの和モダンな組み合わせは、アニメファンやゲームファンの方からも好評で、コスプレ的に購入される方も少なくありません。」




「おまけにさ、ジャージ素材だからすごく動きやすいのよ コレ。実用性も高めだと思います!」





上へ戻る