ほっとWebHOME > 東京銭湯物語 > 浅草・蛇骨湯

東京都公衆浴場業生活衛生同業組合公認企画

今回の湯蛇骨湯

江戸時代創業という都内でも屈指の歴史を誇り、2009年のリニューアル工事を経て更なる進化を遂げた蛇骨湯さん。モダンな雰囲気と古き良き銭湯文化が融和するその様は、まさに今と昔が混ざり合う浅草の街を象徴する銭湯です。
東京都台東区浅草1-11-11 03-3841-8645
営業時間/13:00~24:00  (火曜日定休)
浅草の街を象徴する、正統派レトロモダン銭湯
 日中はポカポカ暖かくなり始め、春が近いと感じる2月中頃。今回の銭湯は、浅草駅と田原町駅のちょうど真ん中あたりにあるとのこと。駅から歩くこと5分、スカイツリーや浅草の仲見世を横目に、国際通りから飲食店がひしめく路地に入ります。こんなところに本当に銭湯があるのかと、不安を感じつつ歩みを進めた先に、ひときわ貫禄ある佇まいの銭湯を発見しました!
 こちらの蛇骨湯さんは詳しい年代は定かではないものの、江戸時代に創業されたと言われている、まさに老舗の中の老舗。なるほど、この貫禄にも納得ですね。今の店主さんの先祖が大正時代に買い取り、そこから代々継いでいく形で現在に至っているそうです。
 お店の中へお邪魔すると木造特有の温かみが、どこか懐かしさを感じさせてくれます。
『ザ・銭湯』という雰囲気の構造に浅草という土地柄も相まって、外国人客が多いのも特徴。そのため、券売機には日本語の他に、英語、中国語、韓国語でも表記されているグローバル仕様です。心遣いが素敵ですね。
 さて、蛇骨湯さん最大の見所は天然温泉と立派な露天風呂とのことなので、早速そちらも見ていきましょう。お風呂のお湯は全て、黒褐色で微塩味無臭の通称“黒湯”。黒湯とは古生代に埋もれた草や木の葉の成分が、地下水に溶け込むことによりできた冷鉱泉のこと。身体の芯まで温もり、入浴後も湯冷めしないのが特色なんですって。日中は温かいとはいえ、やはりまだ肌寒いこの季節。撮影していると冷えてしまうので、まだスタンバイ中でしたがこらえきれず一足先にチャポンしちゃいました。じわじわ~と身体がほぐれていく、この瞬間が一番幸せですよね(笑)。
  • ロビーはお家のダイニングのような感じで、なんだかほっとする空間になっています。水槽の金魚の大きさに少しびっくり(笑)。

  • 老舗ならではの立派な門構えは改装後も健在。ちなみに入り口はスロープ状になっていて、バリアフリーな設計です。

  • タオル類がレンタルできる手ぶらセットも用意されているので、浅草観光ついでにふらっと銭湯に寄るなんてこともできちゃいますね!

 そのまま撮影がスタートしたものの、5分も経たずに今度は汗がジワリ…。さらっとして軽いお湯なのに、温まるスピードの早さと持続性はかなりのもの!黒湯の効力恐るべしです…。 続いてはもう一つの名物・露天風呂。今回は男湯の露天風呂にお邪魔したのですが、まるで日本庭園のような空間になっていて、岩で造られた池と滝を楽しむことが出来ます。池の中は大きな鯉がたくさん泳いでいましたよ~。
他にはない独特の雰囲気を味わえるのが、この銭湯の一番の魅力かもしれませんね。ちなみにロケを終えて外へ出ると、10名以上のお客さんが開店前から並ばれていましたよ。日ごろからの盛況ぶりが実感できますね。 地元の方に愛され、観光の方々も満足させる、日本文化の象徴的な銭湯が浅草の街にありました。やっぱり日本の文化っていいなとしみじみ。ぜひみなさんも足を運んでみてくださいね!
  • 全体的に明るくピカピカな脱衣所は、快適に利用することができます。ロッカーの数が多いので、気兼ねなくお風呂を楽しめますよ。

  • 黒湯はお湯の当たりがさらさらとしていて、何とも言えない心地よさ。少し熱めながらも快適な湯加減に、昔ながらの銭湯の趣きが感じられます。

  • 半露天の構造になっている露天風呂でも、黒湯を満喫することができます。内風呂よりも少しぬるめなので、ゆったり長めに浸かっていられますね。

  • 立派な富士のペンキ絵が、「ザ・銭湯」の雰囲気をさらに演出しています。ちなみにシャワーのお湯や水も、全て源泉から引っ張ってきているんですよ。

  • 露天風呂には休憩用の椅子や黒湯の水風呂も併設されています。暖かい時期になったら、夜風や水風呂で涼みながらの入浴を楽しむのもいいかも!?

  • 女湯の露天風呂は小さなお庭のようで、ちょっとかわいらしい空間。落ち着いた雰囲気の中で、癒やしのひと時を堪能できそうです。

PROFILE

北川弘美
女優 1981年、京都府生まれ。
1998年、ユニチカサマーキャンペーンのモデルに選ばれ、雑誌『CanCam』の専属モデルとしても活躍。1999年、フジテレビ系ドラマ『ナオミ』でレギュラー出演を果たし、テレビ東京系ドラマ『嬢王』では主役を好演。女優・タレントとして活躍するなか、近年はゴルフ他、トライアスロンやフルマラソンなど、アクティブな活動も増えている。
<公式ブログ>
http://ameblo.jp/hiromi-kitagawa/
<ラジオ>
EMOTIONALBEAT~弘美のI'mhome~
レインボータウンFM 毎月第1土曜日16:00~17:00
今月のピックアップ銭湯
武の湯
住所:台東区浅草5-72-2
電話:03-3872-8237
営業時間:15:00 ~ 24:00
定休日:火曜日
最寄駅:銀座線「浅草」よりバス。「東浅草1 丁目」 5 分
白水湯
住所:台東区入谷1-21-12
電話:03-3872-0853
営業時間:15:00 ~ 25:00
定休日:月曜日
最寄駅:日比谷線「 入谷」 2 分
鶴の湯
住所:台東区浅草橋5-27-2
電話:03-3851-4569
営業時間:15:30 ~ 24:00
定休日:土曜日
最寄駅:総武線「 浅草橋」 6分