好きファン対談


FILE12
好きファン対談!!
ソロ活動、プロデュース業にと活動の幅を広げている若旦那さん。 今回好きファンのゲストにお招きしたのは、日本音楽界のレジェンド さだまさしさんです。 一見異色の組み合わせにも見えますが、話し込むうちに次々と出てくる共通点に場は盛り上がりっぱなし! この対談をきっかけとして夢のコラボが実現するかも!? 幅広い創作活動を展開するお二人ならではのトークをお楽しみください!
北島康介さん
若旦那さん

湘南乃風のメンバー。歌手、ミュージシャン。ソロとしてだけでなく、様々なプロデュース業でも活躍。

若旦那 さん
さだまさしさん

日本を代表するシンガー。作家としても多くの作品を発表している。

さだまさし さん
「オレ、本当に大ファンなんです!」
さださんはお手本
■若旦那さん さださん! お会いできてうれしいです! もうホントにオレさださんのことが好きで好きで……ぜひお会いしたいと思って今日はゲストに来ていただきました。


■さださん 光栄だなあ。こうして僕らが並んでるのって意外に思われるかもね。読んでる人、ビックリしないかな?(笑)

■若旦那さん 自分としてはお互いに共通してる部分がたくさんあるんですけどね。たとえばオレの曲の構成ってさださんをお手本にしてるんです。最近ライブでもカバーさせてもらってる『雨やどり』なんかはその代表例。ストーリー性があって、盛り上げるポイントがあって、きちんと物語が完結して、オチのキーワードがタイトルになるっていうのがオレの理想型なんです。

■さださん 若旦那の『雨やどり』、僕も聞かせてもらったんだけどホントよかった。若旦那のイメージとちょっと違うじゃない、"ませませ"は(笑)。でもそれが何というか、素晴らしいミスマッチを生んだよね。あれは面白かった。

■若旦那さん 昔からクルマん中で歌ってた曲ですからね(笑)。自分としてはホントしっくりきたし、手応えもありました。よりメッセージ性の強い曲や、激唱系の歌の方がオレに合ってると思う人もいるでしょうけど、なんといっても『雨やどり』はオレの教科書なんで、一度はチャレンジしたかったんです。

■さださん 僕の歌ってホント昔から暗い暗いと言われてさ、『精霊流し』とか『無縁坂』とか陰気な曲がヒットしたから。でも、デュオからソロになったとき、どのあたりで差別感を出すか考えたんだよね。

■若旦那さん わかります。

■さださん 僕は昔っから、いわゆる日本的なものとか風景とか、その辺で見かける草花とか情動的なものが好きで、その中から自分が触発される何かを探す旅を曲作りに置き換えてるの。たとえば『雨やどり』はね、画家の中島潔さんが描いた同名の絵を見て書いたんだけど、さっき若旦那が言ったように曲の"オチ"にあたる部分が、僕の中ではその絵だったんだよね。曲の最後が見事に一枚の絵に表現されてた。ラストシーンからさかのぼって物語が動き出す、場合によっては一枚の絵を発端としてストーリーが始まるなんてこともあるけど、『雨やどり』はそういうところがピタッとハマったんだよ。そのあたりが若旦那の感性とマッチしたのかもしれない。

■若旦那さん オレも絵は好きです。いい悪いは正直わからないけど、一枚の絵から音楽が紡がれていくっていうその感覚はすごくわかります。さださんは小説もたくさん書かれてるから、物語を締めるラストシーンを書くときは、かなり意識してるんじゃないですか?

■さださん あるね。ことに読後感っていうのは、最後のシーンや情景次第で大きく変わってくるからさ、せっかく読むんだったら得した気分になるものを読みたいじゃない? だから自分で書くときも、せっかく読んでくれるその人にとって感動することとか、小説を通して初めて知ったこととか、いろいろな要素を散りばめておくの。人って初めてのことに直面したら「なんだろう?」って調べるじゃない。僕の曲や小説や携わった映画に触れた人が、出会いによってなんらかの気付きを手にしてくれたらすごくうれしいね。

■若旦那さん 歌にもそういう価値があるってことですね。「聴いてよかった」って思える歌が、その人にとって一番いい歌だと思っています。

■さださん 表現方法は異なれど、創作活動の根っこの部分は同じだよ、うん。

若旦那
若旦那 (アーティスト)
4月6日生まれ
東京都出身


湘南乃風のメンバー。
自身のプロデュース作品にフィーチャリングとして参加をするという独自のスタイルで、100万ダウンロード以上のヒット曲多数。また自ら立ち上げた「てるてるいのち」というムコ多糖支援活動を軸に若者に歌の力で訴えかける社会活動を続けている。AIDSチャリティープロジェクトや、2010年ハイチ大地震の際にも復興支援活動に参加。
2011年の東日本大震災以降、被災地への復興支援を現在も継続的に行っている。
Information
▼若旦那オフィシャルサイト
http://waka-d.jp/
▼若旦那オフィシャルblog
http://ameblo.jp/waka-dblog