北川弘美の東京体験
北川弘美の東京体験
北川弘美の東京体験

パリの人気店と同じレシピでパンを作ろう!

女優、北川弘美さんが「体験」をキーワードに、東京でさまざまなことがらに挑戦する新連載。
記念すべき第1回目のテーマは「パンづくり」です。しかも、本場パリで人気のパン屋さんと同じレシピで、
パン作りができる体験レッスンをご紹介します。

 パンを作ってみたい!この連載を始めるにあたって一番に出てきた「自分がやってみたいこと」。
 料理は好きだけど、きちんと計量しなければいけないお菓子やパン作りは苦手でした…。でも、憧れもありチャンスを伺っていたのも事実です。パン作りは、何の知識もないゼロからのスタートなので、教わること全てが新鮮で楽しかった〜。


 今回は、日本では未だ食べる事の出来ないフランスの名店のパンを習いました。フランスで大人気のパン屋「Maison LANDEMAINE PARIS」が、お店と同じレシピで教えてくれるんです。フランスのミシュランガイドに並ぶ、三大ガイドブック『PUDLO PARIS』の2011年版で、"ブーランジェリー・パティスリー・オブ・ザ・イヤー2011"を受賞した名店中の名店が、秘伝のレシピを公開してくれるなんて、なんて贅沢な!

 貴重な体験に胸が踊りました。パン生地を捏ねるには、時間と力が必要だと思い込んでいた私。低温長時間発酵の工程にビックリしました。生地にはほとんど触れないんです。時間をかけて熟成させると、通常よりも生地に多くの水分を含ませることができるのだとか。だから、生地は驚くほど柔らかい!想像とは全く違ってて、すごく簡単に感じました。

 とはいいつつも、慣れない作業に、いかにもぎこちない手つき。ほとんど生地に遊ばれている感じでしたが…。そんな私にも優しく指導してくれる先生。先生いわく、パン作りは技術よりも感性が大切なのだとか。私でもプロ級の味が出せるかも!

 自分で成形したパンがオーブンに入って行く瞬間は、不思議な緊張感がありました。焼き上がり帰って来た時には、愛しくさえ思えたほどです。
 レッスンを終えたあとは、お手本として先生が一緒に作ったパンを皆で試食。歯応えのある表面とモッチリした中の生地のバランスが絶妙です。ナッツや栗の甘味や食感が程よいアクセントになっていて、まさにパン屋さんで買う本格的な味。
もしも近所でこのパンを買えるものなら、毎日通っちゃうに違いない。バターやジャムをつけても美味しいのですが、私はそのまま食べたい派。私好みのしっかりしたパンだったので、今度は是非、自力で作りたいと本気で思います。ちなみに、自分で作ったパンは、お土産としていただきました。

 パン作りのうれしい点は、自分で食べるだけでなく、作ったパンを配れる事です。この日の私の記念すべき第一号は、友達の元へ旅立っていきました!『美味しかったよ』その一言のために、喜んで作りたいです!

北川 弘美
女優 1981年、京都府生まれ。
1998年、ユニチカサマーキャンペーンのモデルに選ばれ、雑誌『cancam』の専属モデルとしても活躍。1999年、フジテレビ系ドラマ『ナオミ』でレギュラー出演を果たし、テレビ東京系ドラマ『嬢王』では主役を好演。女優・タレントとして活躍するなか、近年はゴルフ他、トライアスロンやフルマラソンへ意欲的に参加するなど、アクティブな活動も増えている。
<公式ブログ>
http://ameblo.jp/hiromi-kitagawa/

<ラジオ> EMOTIONAL BEAT~弘美のI'm home~
レインボータウンFM 毎月第1土曜日 16:00~17:00

<テレビ> あすゴル!レギュラー
CS303 golfnetwork 日曜 22:45~23:00



p13.2
1.先生の説明とお手本の披露。生徒全員が真剣なまなざしです。
p4
2.徐々に弾力をもちはじめる生地。どっしりしたパンをつくるには、あまり生地を練らないのです。
gnew2
3.パンにナッツと栗を練り込む作業。具材はドライではなく、生のものや水分を含ませた状態がベター。
gnew2
4.パンの成形作業。生地がとても柔らかいので、思ったより難しい…。でもいかにも本格的なパンっぽいですよね。
gnew2
5.オーブンのなかで徐々に色づくパンたち。この時点で、ものすごくいい匂いが立ち込めてきます。おなか空いた~。
gnew2
6.パンの裏を指で叩いてみて、乾いたコンコンという音なら焼き上がりのサイン。どうです?この出来映え!
gnew2
7.レッスンの後は、ワインや生ハムと一緒にパンを試食。あまりの美味しさに、手が止まらなくなっちゃいます。
gnew2
8.本場パリの味に舌鼓。生まれて初めてのパン作りだけに、感動もひとしおです。みなさんも是非体験してみてください!
gnew2
9.今回教えていただいた石川代表と一緒に。日本とパリを行ったり来たりで、後進の育成にも力を注いでおられます!



Ecole Levain D'antan
(エコール ルヴァン ダンタン)

本場パリのブーランジェリー(パン屋)と同じレシピでパンが作れる都内のパン教室!

ほっとひと休み
東京都 港区麻布台3-1-6 
03-3568-4810
http://ecole.landemaine.me/
レベルに合わせたパン講座を選べるだけでなく、
希望者はフランスへの留学も可能。レッスンは毎月一回のコース制。今回参加した「お試しレッスン」は誰でも受講可能で参加費用は3,600円~
上野恩賜公園の噴水広場
■ 今回の先生

Yoshimi 石川 Landemaineさん
(株)Levain D’antan Japon 代表取締役 社長
パンに人生を注ぐ熱血パン職人。フランスで人気のパン屋を経営する傍ら、その技術や文化を日本へ拡げるべく、2010年に「Ecole Levain D'antan」を開校。


エコール・ルヴァン・ダンタンを直訳すると、「懐かしの天然酵母の学校」。フランスの伝統的なパンの数々を通して、日本に居ながらにしてフランスの食文化に触れることができるパン教室です。パリのお店と同様の厨房を再現し、"本場パリのパンをご自宅やお店で"をコンセプトに仏国人・日本人の講師たちが本場の味と技術を、それぞれのレベルに合わせてお教えてくれます。
日本では数少ない、自家製天然酵母のハード系パンを学べるのもポイント。フランスのミシュランガイドに並ぶ、三大ガイドブック『PUDLO PARIS』で、"ブーランジェリー・パティスリー・オブ・ザ・イヤー2011"を受賞した名店の味を、ぜひ体験してみてください。