北川弘美の東京体験
北川弘美の東京体験
北川弘美の東京体験

再注目される第一次産業界で林業を体験!

女優、北川弘美さんが「体験」をキーワードに、東京でさまざまなことがらに挑戦する人気連載。
今回のテーマは「林業」。近年人気の「山ガール」を更に一歩踏み込んだテーマです。
木々に囲まれた幻想的な景色のなか、ちょっと危険で、ちょっと怖かったけど、体験する価値ありだと思いますよ。
 

第5弾は、林業。

東京体験のこれからの予定を考えていた私にかけられた友達の一言。

『木が切れますよ』

これに惹かれ即決しました。しかしながら林業とは自然相手の作業。いつでも伐木が出来る訳ではなく、時期を待つこと 3ヶ月!!

以前NPOで働いていたと言う友人の柳井賢太さんの力添えもあり、やっと念願の林業体験が叶いました。

 

お世話になったのは、奥多摩等で活動している「樹恩ネットワーク」さん。

民間等の山を借り、山の再生をモットーにした森づくりを心掛けているそうです。

装備は、ガッツリ本格的なスタイル!

当日の朝、集合場所に行ってビックリ。私だけ初心者の身なりで浮いてませんか?と不安になったくらいの作業着……が、実はその方々は全て樹恩ネットワークをはじめとした「多摩の森・大自然塾」のスタッフさん(他に、森づくりフォーラム、森林インストラクター東京会等)だったので内心ホッとする私が居ました。

 

参加者が集まり、まずは準備体操。

初心者から慣れた方々と、レベルに合わせて班分けされました。

自己紹介を済ませると、班長さんが作業の工程や道具の使い方、山での注意点を説明され、いざ入山です。

最初から傾斜40°もあると思われるハードな道をおよそ5分。

既に息が切れ、先の道のりが不安になります…。

ただ、この歩いている道も、以前来た参加者さんが作ったものだそう!

ちょっと感動します。おかげで作業がとても楽しみになりました。

入山も厳しい、荒れた場所に道が出来、整備され美しくなって行く…とても素敵なことだと思います。


作業場所に到着すると、先ずはロープの縛り方やノコギリの使い方を習いました。

 

 


ロープの結び方は、すんなりOK! ちょっと調子にのる私。

ノコギリも、学生時に習ったので楽勝…かと思いきや、難しい。

剥が引っ掛かり上手く切れない。

ノコギリに振り回される私。

アレレ?!押して引くだけの動きなのに動かなくなった。(笑)

『力は入れず、木に垂直に動かせば簡単に切れる!』と先生。

切れないよ〜(涙)

心で叫びながら苦戦しつつも、作業自体はとっても楽しい。

上手く切れている時は、音が違う。

ノコギリ本来の出す音があるそうです。

午前中の作業?と言うか、学び実習が終わり昼食。

各自お弁当を持参し、自然の中でのんびり食事。

まるで大人のんびり遠足。班の絆が深まって行くのを感じます。

 

さて、午後からは取材用に特別体験のおはからい。

「木が切りたい!!!」

私の切なる願いを叶えて下さいました。

本来、初心者では体験出来ない作業なのですが、上級者の班に仲間入りさせていただき間伐の体験を。

伐木する方向を決めて目印を立てたら、狂い無く切り倒す。

プロの職人技に魅せられました。

危険がないよう計算され、皆が力を合わせて一つの事を成し遂げる時間は、普段感じられない空間に包まれて、温かい気持ちになります。

知恵を巧みに使っての作業は、昔から受け継がれた伝統があり、大切にしていきたいと改めて思いました。

まったくの初心者でも丁寧に教えて下さるスタッフさんがいるので気軽に楽しめる樹恩ネットワークの林業体験。

是非一度、足を運んで実感してみて欲しいです。

私のちょびっと強引なお願いに、快く受け入れて下さったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

 

北川 弘美
北川 弘美
女優 1981年、京都府生まれ。
1998年、ユニチカサマーキャンペーンのモデルに選ばれ、雑誌『cancam』の専属モデルとしても活躍。1999年、フジテレビ系ドラマ『ナオミ』でレギュラー出演を果たし、テレビ東京系ドラマ『嬢王』では主役を好演。女優・タレントとして活躍するなか、近年はゴルフ他、トライアスロンやフルマラソンなど、アクティブな活動も増えている。
<公式ブログ>
http://ameblo.jp/hiromi-kitagawa/
<ラジオ> EMOTIONAL BEAT~弘美のI'm home~
レインボータウンFM 毎月第1土曜日 16:00~17:00
<テレビ> 
・CS303 golfnetwork「あすゴル!」レギュラー
 日曜 22:45~23:00


写真1
1.入山前に、しっかり準備体操を。傾斜40 度以上の山道は、とっても怪我しやすいそう。そりゃ当たり前ですね。
写真2
2.いよいよ入山。映画なんかでみる景色そのものに囲まれると、なんだかおごそかな気持ちになりました。
写真3
3.道中、紅葉で色づき始めるモミジが。ここはあえて雑木林として育てているエリアなのだとか。
写真4
4.先月に整備した場所に到着。今度はここに苗木を埋め、山の再生を手伝います。しかし足場が急で怖い…
写真5
5.私の植えた苗木は、立派に育つのは何十年後の話。だからこそ、続けることが大切なんですね!
写真6
6.山の上で食べるお弁当は最高に美味しかったです!空気がキレイだし、ヒノキの香りが清々しい!
写真7
7.ロープの結び方や使い方など、基本的なことを教わりました。最初からできちゃった私って、もしや天才?
写真8
8.ロープ練習の延長戦で、林業特有の木登り方法を教わりました。なかなか難しいんですよ…
写真9
9.ロープと短い木の棒だけで、ハシゴをかけることに成功!これを繰り返せば、どこまでも登れちゃうぞ!
写真10
10.なんと間伐をさせてもらえることに!木を倒す方向を確認しながら、ノコギリで切込を入れていきます。怖いよ~。
写真11
11.ナタで倒す方向に受口を切っています。この後反対側にも追口を入れて、ロープで引っ張りました。
写真12
12.間伐対象の細い木とはいえ、倒した後は感動もひとしお。あえて、芯の部分は残すのがプロの技らしいです。
写真13
13.間伐した木の枝を落とし、表皮を剥がしたら、ロープで移動。建築基材となる木の場合は、釣り上げたまま運ぶんですって!
写真14
14.作業のあとは、道具のメンテナンス。樹液のヤニは、すぐに洗わないと、落ちなくなってしまうのだとか。
写真15
15.お世話になったみなさんと記念撮影。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!



第一次産業を体験して、自然との繋がりを取り戻そう!

ほっとひと休み

■ 認定NPO法人JUON(樹恩) NETWORK

TEL:03-5307-1102(問合せ時間:9:30 ~ 18:00)
FAX:03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
URL:http://juon.univcoop.or.jp/
〒166-8532
東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)は、都市と農山漁村の人々をネットワークで結ぶことにより環境の保全改良、地方文化の発掘と普及、過疎過密の問題の解決に取り組むことを目的としています。現在森林保全活動として、国産間伐材製「樹恩割り箸」の普及推進や森づくり体験プログラム「森林の楽校(もりのがっこう)」、「森林ボランティア青年リーダー養成講座」等を開催。また、一時的な体験で終わらせず、継続的に意識をもってもらえるよう資格検定制度「エコサーバー」の実施にも取り組んでいます。今回の取材で体験した「多摩の森・大自然塾 鳩ノ巣フィールド」は毎月第3日曜日に開催。
山の管理は、間伐、植林だけではありません。これを機会に興味をもたれた方は、ぜひお気軽に参加してみてください。きっと山の素晴らしさを体感できるはずです。